中性子暈原子核による前方核力グローリー散乱

この論文をさがす

著者

    • 上田, 学 ウエダ, マナブ

書誌事項

タイトル

中性子暈原子核による前方核力グローリー散乱

著者名

上田, 学

著者別名

ウエダ, マナブ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第5471号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p4 (0006.jp2)
  3. 1.1 核反応研究の意義 / p4 (0006.jp2)
  4. 1.2 本研究の背景と動機 / p5 (0007.jp2)
  5. 1.3 中性子ドリップライン上の原子核の構造上の特徴 / p8 (0010.jp2)
  6. 1.4 低エネルギー重イオン核反応の概観 / p17 (0019.jp2)
  7. 1.5 光学ポテンシャル / p19 (0021.jp2)
  8. 1.6 本論文の目的及び構成 / p22 (0024.jp2)
  9. 2 重イオン弾性散乱の半古典論的記述 / p25 (0027.jp2)
  10. 2.1 半古典論による重イオン弾性散乱の位相差(WKB近似) / p25 (0027.jp2)
  11. 2.2 散乱関数(deflection function) / p32 (0034.jp2)
  12. 2.3 重イオン弾性散乱の微分断面積の半古典論による解析的な表現 / p40 (0042.jp2)
  13. 3 前方核力グローリー散乱 / p51 (0053.jp2)
  14. 3.1 焦点的な散乱 / p51 (0053.jp2)
  15. 3.2 虹散乱 / p51 (0053.jp2)
  16. 3.3 グローリー散乱 / p56 (0058.jp2)
  17. 3.4 前方核力グローリー散乱 / p58 (0060.jp2)
  18. 4 Sum of difference cross section / p62 (0064.jp2)
  19. 4.1 SODの導出 / p63 (0065.jp2)
  20. 4.2 SODの振る舞いと前方核力グローリー散乱との関係 / p68 (0070.jp2)
  21. 5 安定核による前方核力グローリー散乱 / p72 (0074.jp2)
  22. 5.1 前方核力グローリー散乱の入射エネルギー依存性 / p72 (0074.jp2)
  23. 5.2 散乱系に対する依存性 / p92 (0094.jp2)
  24. 6 二重畳み込みポテンシャルを用いた中性子暈原子核による前方核力グローリー散乱の解析 / p106 (0108.jp2)
  25. 6.1 前方核力グローリー散乱の解離エネルギーに対する依存性 / p107 (0109.jp2)
  26. 6.2 前方核力グローリー散乱の入射エネルギーに対する依存性 / p113 (0115.jp2)
  27. 7 現象論的ポテンシャルを用いた中性子暈原子核の前方核力グローリー散乱の解析 / p120 (0122.jp2)
  28. 7.1 ¹¹Li+¹²C、及び¹¹C+¹²C弾性散乱の前方核力グローリー散乱の解析 / p120 (0122.jp2)
  29. 7.2 ¹¹Li+²⁸Si、⁷Li+²⁸Si弾性散乱の前方核力グローリー散乱の解析 / p129 (0131.jp2)
  30. 8 考察 / p146 (0148.jp2)
  31. 8.1 前方核力グローリー散乱の有無 / p146 (0148.jp2)
  32. 8.2 入射エネルギー依存性及びポテンシャルに対する情報 / p149 (0151.jp2)
  33. 9 結論 / p154 (0156.jp2)
  34. A Akyuz-Winther potential / p160 (0162.jp2)
  35. B 低エネルギー領域における重イオン弾性散乱の半古典的記述 / p161 (0163.jp2)
  36. B.1 三点転回点問題(three turning-point problem) / p161 (0163.jp2)
  37. B.2 比較関数法 / p163 (0165.jp2)
  38. B.3 障壁波と内部波 / p173 (0175.jp2)
  39. B.4 Elab.=60MeVの¹³C+²⁸Si弾性散乱 / p176 (0178.jp2)
  40. C ¹¹Liに対するdi-neutron cluster模型 / p182 (0184.jp2)
  41. D 密度に依存する二重畳み込みポテンシャル / p187 (0189.jp2)
  42. D.1 folding模型 / p187 (0189.jp2)
  43. D.2 二重畳み込みポテンシャルの計算 / p190 (0192.jp2)
  44. D.3 二重畳み込みポテンシャルにおけるM3Y相互作用とDDM3Y相互作用の違い / p194 (0196.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134721
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973811
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299035
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ