Aryl hydrocarbon(Ah)receptorの構造と発がん感受性

この論文をさがす

著者

    • 依馬, 正次 エマ, マサツグ

書誌事項

タイトル

Aryl hydrocarbon(Ah)receptorの構造と発がん感受性

著者名

依馬, 正次

著者別名

エマ, マサツグ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第5490号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第一章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 第二章 マウスAhリセプターcDNAの単離 / p8 (0014.jp2)
  4. 第一節 研究材料と方法 / p9 (0015.jp2)
  5. 2-1-1 プローブの作製 / p9 (0015.jp2)
  6. 2-1-2 HepaI cDNAライブラリーの構築 / p12 (0018.jp2)
  7. 2-1-3 スクリーニング / p13 (0019.jp2)
  8. 2-1-4 塩基配列の決定 / p13 (0019.jp2)
  9. 2-1-5 DNA及びRNAのブロット解析 / p14 (0020.jp2)
  10. 2-1-6 培養細胞へのDNAの導入とCATアッセイ / p17 (0023.jp2)
  11. 2-1-7 ヒトArnt cDNAのクローニング / p19 (0025.jp2)
  12. 2-1-8 発現プラスミドの構築 / p22 (0028.jp2)
  13. 2-1-9 Ahリセプター及びArntの大腸菌での発現タンパク質の精製 / p26 (0032.jp2)
  14. 第二節 結果 / p30 (0036.jp2)
  15. 2-2-1 マウスAhリセプターのcDNAクローニング / p30 (0036.jp2)
  16. 2-2-2 AhリセプターのmRNAの組織分布及び種間保存性 / p34 (0040.jp2)
  17. 2-2-3 Ahリセプターの転写活性化能 / p38 (0044.jp2)
  18. 2-2-4 Ahリセプター及びArntの大腸菌での発現及び精製 / p38 (0044.jp2)
  19. 第三節 考察 / p42 (0048.jp2)
  20. 第三章 発がん感受性の低いマウス(DBA/2J)からのAhリセプターcDNAの単離及びリガンド結合親和性を決定するアミノ酸変異の同定 / p44 (0050.jp2)
  21. 第一節 研究材料と方法 / p45 (0051.jp2)
  22. 3-1-1 DBA/2Jマウス肝臓からのmRNAの精製 / p45 (0051.jp2)
  23. 3-1-2 DBA AhリセプターのcDNAクローニング / p45 (0051.jp2)
  24. 3-1-3 哺乳類細胞でのAhリセプターの発現及び細胞質抽出液の調製 / p46 (0052.jp2)
  25. 3-1-4 〔³H〕TCDDに対する解離定数(Kd)の決定 / p47 (0053.jp2)
  26. 3-1-5 発現プラスミドの構築 / p47 (0053.jp2)
  27. 第二節 結果 / p49 (0055.jp2)
  28. 3-2-1 DBA AhリセプターのcDNAクローニング / p49 (0055.jp2)
  29. 3-2-2 〔³H〕TCDDに対する解離定数(Kd)の決定 / p49 (0055.jp2)
  30. 3-2-3 リガンド結合親和性を決定するアミノ酸の同定 / p52 (0058.jp2)
  31. 3-2-4 アミノ酸置換の転写活性に及ぼす影響 / p55 (0061.jp2)
  32. 第三節 考察 / p57 (0063.jp2)
  33. 第四章 ヒトAhリセプターの一次構造の解析とそのリガンド結合活性 / p59 (0065.jp2)
  34. 第一節 研究材料と方法 / p60 (0066.jp2)
  35. 4-1-1 ヒトAhリセプターのcDNAクローニング / p60 (0066.jp2)
  36. 4-1-2 発現プラスミドの構築 / p60 (0066.jp2)
  37. 4-1-3 〔³H〕TCDDに対する解離定数(Kd)の決定 / p61 (0067.jp2)
  38. 4-1-4 ウェスターンブロッティング / p61 (0067.jp2)
  39. 第二節 結果 / p63 (0069.jp2)
  40. 4-2-1 ヒトAhリセプターのcDNAクローニング / p63 (0069.jp2)
  41. 4-2-2 〔³H〕TCDDに対する解離定数(Kd)の決定 / p63 (0069.jp2)
  42. 4-2-3 381番目のアミノ酸残基の重要性 / p68 (0074.jp2)
  43. 第三節 考察 / p70 (0076.jp2)
  44. 第五章 総括 / p71 (0077.jp2)
  45. 引用文献 / p74 (0080.jp2)
  46. 謝辞 / p82 (0088.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134740
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973830
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299054
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ