d[10]及びd[6]型遷移金属錯体の最低励起三重項状態の磁気的及び分光学的研究

この論文をさがす

著者

    • 木町, 聖也 キマチ, セイヤ

書誌事項

タイトル

d[10]及びd[6]型遷移金属錯体の最低励起三重項状態の磁気的及び分光学的研究

著者名

木町, 聖也

著者別名

キマチ, セイヤ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第5493号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第一章 全体の序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 参照文献 / p6 (0011.jp2)
  4. 第二章 d¹º型電子配置をとるCdX₂(phen)(X=Cl,Br,I)のゼロ磁場ODMR法による配位子局在型の最低励起三重項状態の電子構造 / p7 (0012.jp2)
  5. 1.序論 / p8 (0013.jp2)
  6. 2.理論 / p10 (0015.jp2)
  7. 3.実験 / p26 (0031.jp2)
  8. 4.結果 / p30 (0035.jp2)
  9. 5.考察 / p48 (0053.jp2)
  10. 6.結論 / p75 (0080.jp2)
  11. 参照文献 / p78 (0083.jp2)
  12. 第三章 d¹º型電子配置をとるHgX₂(phen)(X=Cl,Br,I)の配位子局在型の最低励起三重項状態の電子構造 / p81 (0086.jp2)
  13. 1.序論 / p82 (0087.jp2)
  14. 2.実験 / p84 (0089.jp2)
  15. 3.結果 / p87 (0092.jp2)
  16. 4.考察 / p116 (0121.jp2)
  17. 5.結論 / p146 (0151.jp2)
  18. 参照文献 / p150 (0155.jp2)
  19. 第四章〔Ru(bhq)(CO)₂Cl(L)〕(bhq⁻=benzo〔h〕quinoline anion;L=PEt₃,p-toluidine,piperidine)の時間分解EPR法による配位子局在型の最低励起三重項状態の電子構造 / p153 (0158.jp2)
  20. 1.序論 / p154 (0159.jp2)
  21. 2.理論 / p157 (0162.jp2)
  22. 3.実験 / p184 (0189.jp2)
  23. 4.結果 / p192 (0197.jp2)
  24. 5.考察 / p209 (0214.jp2)
  25. 6.結論 / p229 (0234.jp2)
  26. 参照文献 / p231 (0236.jp2)
  27. 第五章 Re(I)テトラカルボニル錯体〔Re(CO)₄(bhq)〕,〔Re(CO)₄(phen)〕(CF₃SO₃)の時間分解EPR法による配位子局在型の最低励起三重項状態の電子構造 / p234 (0239.jp2)
  28. 1.序論 / p235 (0240.jp2)
  29. 2.実験 / p237 (0242.jp2)
  30. 3.結果 / p241 (0246.jp2)
  31. 4.考察 / p256 (0261.jp2)
  32. 5.結論 / p296 (0301.jp2)
  33. 参照文献 / p298 (0303.jp2)
  34. 第六章 全体の総括 / p300 (0305.jp2)
  35. Appendix / p307 (0312.jp2)
  36. 1.フリー配位子のphenとbhqHのS₁とT₁の帰属 / p308 (0313.jp2)
  37. 2.定常状態EPR及び時間分解EPRの結果 / p310 (0315.jp2)
  38. 3.遷移金属錯体のT₁の帰属方法 / p317 (0322.jp2)
  39. 4.B//X、y、ZのΔm=±1の共鳴磁場に対する解 / p323 (0328.jp2)
  40. 謝辞 / p325 (0330.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134743
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973833
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299057
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ