筋萎縮性側索硬化症の中枢神経組織における金属・微量元素濃度の変動 : 微少サンプルおよびホルマリン保存試料での多元素同時測定による検討

この論文をさがす

著者

    • 江島, 晃子 エジマ, アキコ

書誌事項

タイトル

筋萎縮性側索硬化症の中枢神経組織における金属・微量元素濃度の変動 : 微少サンプルおよびホルマリン保存試料での多元素同時測定による検討

著者名

江島, 晃子

著者別名

エジマ, アキコ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

甲第5505号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 用語の説明 / p2 (0004.jp2)
  3. I.背景 / p4 (0006.jp2)
  4. II.微少サンプルでの多元素測定法の検討-誘導結合プラズマイオン源質量分析の応用の検討 / p9 (0011.jp2)
  5. [目的] / p12 (0014.jp2)
  6. [方法] / p12 (0014.jp2)
  7. [結果と考察] / p17 (0019.jp2)
  8. [結論] / p23 (0025.jp2)
  9. III.ホルマリン保存試料の検討 / p24 (0026.jp2)
  10. III-1.ラット脳・脊髄中元素濃度に及ぼすホルマリン保存の影響 / p25 (0027.jp2)
  11. III-2.ヒト脳内元素濃度に及ぼすホルマリン保存の影響 / p30 (0032.jp2)
  12. [考察] / p33 (0035.jp2)
  13. [結論] / p39 (0041.jp2)
  14. IV.筋萎縮性側索硬化症患者の脳・脊髄中元素濃度 / p41 (0043.jp2)
  15. [目的] / p41 (0043.jp2)
  16. IV-1.ホルマリン保存試料での比較-孤発性ALSの脊髄中元素濃度 / p41 (0043.jp2)
  17. IV-2.新鮮凍結脊髄での比較-家族性ALSの脊髄中元素濃度 / p43 (0045.jp2)
  18. [考察] / p45 (0047.jp2)
  19. V.結語 / p52 (0054.jp2)
  20. VI.謝辞 / p53 (0055.jp2)
  21. VII.参考文献 / p54 (0056.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134755
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973844
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299069
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ