ガスタービン動翼用セラミックコーティングの評価技術の開発に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 簡, 春雲 Jun, Chun Yun

書誌事項

タイトル

ガスタービン動翼用セラミックコーティングの評価技術の開発に関する研究

著者名

簡, 春雲

著者別名

Jun, Chun Yun

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5585号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p4 (0007.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p4 (0007.jp2)
  4. 1.2 動翼用コーティング評価技術の現状および問題点 / p6 (0009.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的および構成 / p8 (0012.jp2)
  6. 1.4 第1章 図面集 / p13 (0016.jp2)
  7. 第2章 レーザー加熱試験法の開発と熱衝撃損傷マップの作成 / p17 (0020.jp2)
  8. 2.1 はじめに / p17 (0020.jp2)
  9. 2.2 試験片の材料及び形状 / p18 (0021.jp2)
  10. 2.3 実験方法 / p19 (0022.jp2)
  11. 2.4 実験結果 / p21 (0024.jp2)
  12. 2.5 まとめ / p23 (0026.jp2)
  13. 2.6 第2章図面集 / p25 (0028.jp2)
  14. 第3章 非定常熱応力解析 / p36 (0038.jp2)
  15. 3.1 はじめに / p36 (0038.jp2)
  16. 3.2 FEM解析モデル及び境界条件 / p36 (0038.jp2)
  17. 3.3 FEM解析 / p37 (0039.jp2)
  18. 3.4 解析結果および考察 / p42 (0044.jp2)
  19. 3.5 まとめ / p45 (0047.jp2)
  20. 3.6 第3章図面集 / p47 (0049.jp2)
  21. 第4章 レーザー加熱熱疲労試験における破壊プロセス / p58 (0060.jp2)
  22. 4.1 はじめに / p58 (0060.jp2)
  23. 4.2 コーティング破壊プロセスの解明 / p58 (0060.jp2)
  24. 4.3 AEエネルギーと界面き裂長さの相関関係 / p64 (0066.jp2)
  25. 4.4 まとめ / p66 (0068.jp2)
  26. 4.5 第4章図面集 / p68 (0070.jp2)
  27. 第5章 熱疲労破損に及ぼす加熱・冷却速度の影響 / p83 (0085.jp2)
  28. 5.1 はじめに / p83 (0085.jp2)
  29. 5.2 加熱・冷却速度の影響 / p83 (0085.jp2)
  30. 5.3 母材曲率半径の影響 / p86 (0088.jp2)
  31. 5.4 まとめ / p86 (0088.jp2)
  32. 5.5 第5章 図面集 / p88 (0090.jp2)
  33. 第6章 コーティングの界面はく離破壊靭性の評価 / p93 (0095.jp2)
  34. 6.1 はじめに / p93 (0095.jp2)
  35. 6.2 ブリスター界面はく離破壊靭性試験 / p94 (0096.jp2)
  36. 6.3 界面破壊力学パラメータ / p95 (0097.jp2)
  37. 6.4 界面破壊靭性値の決定 / p98 (0100.jp2)
  38. 6.5 レーザー加熱試験結果への適用 / p102 (0104.jp2)
  39. 6.6 まとめ / p103 (0105.jp2)
  40. 6.7 第6章図面集 / p106 (0108.jp2)
  41. 第7章 実機模擬部材の熱応力解析 / p126 (0128.jp2)
  42. 7.1 はじめに / p126 (0128.jp2)
  43. 7.2 FEM解析モデル及び境界条件 / p126 (0128.jp2)
  44. 7.3 FEM解析 / p127 (0129.jp2)
  45. 7.4 実機模擬部材の熱応力状態 / p128 (0130.jp2)
  46. 7.5 レーザー加熱試験における熱応力状態との比較 / p129 (0131.jp2)
  47. 7.6 実機模擬部材の熱疲労寿命の推定 / p130 (0132.jp2)
  48. 7.7 まとめ / p133 (0135.jp2)
  49. 7.8 第7章図面集 / p135 (0137.jp2)
  50. 第8章 結言 / p147 (0149.jp2)
  51. Appendix / p152 (0154.jp2)
  52. A.1 材料の物性値 / p152 (0154.jp2)
  53. A.2 セラミックコーティングヤング率の実測値 / p152 (0154.jp2)
  54. A.3 二次元モデルにより求めた界面き裂の複素応力拡大係数の補正 / p152 (0154.jp2)
  55. A.4 実機模擬部材解析の熱負荷 / p154 (0156.jp2)
  56. Appendix図面集 / p155 (0157.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134835
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973917
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299149
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ