大脳視覚野で局所運動を検出する神経網のモデル化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 川上, 進 カワカミ, ススム

書誌事項

タイトル

大脳視覚野で局所運動を検出する神経網のモデル化に関する研究

著者名

川上, 進

著者別名

カワカミ, ススム

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5618号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p5 (0008.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景と目的 / p6 (0009.jp2)
  4. 1.2 研究の概要 / p12 (0015.jp2)
  5. 第2章 2次元速度(局所運動)を検出する細胞のモデル / p13 (0016.jp2)
  6. 2.1 まえがき / p13 (0016.jp2)
  7. 2.2 2次元速度を検出する細胞階層の提案 / p15 (0018.jp2)
  8. 2.3 細胞モデル / p21 (0024.jp2)
  9. 2.4 神経網の数式表現 / p29 (0032.jp2)
  10. 2.5 2段階仮説との比較 / p32 (0035.jp2)
  11. 2.6 従来モデルとの比較 / p34 (0037.jp2)
  12. 2.7 あとがき / p41 (0044.jp2)
  13. 第3章 シミュレーションによるモデルの検証 / p43 (0046.jp2)
  14. 3.1 まえがき / p43 (0046.jp2)
  15. 3.2 各種図形の2次元速度検出 / p44 (0047.jp2)
  16. 3.3 オプティカルフローの検出 / p52 (0055.jp2)
  17. 3.4 あとがき / p54 (0057.jp2)
  18. 第4章 生理実験との比較 / p55 (0057.jp2)
  19. 4.1 まえがき / p55 (0058.jp2)
  20. 4.2 直線刺激に対する選択応答性 / p56 (0059.jp2)
  21. 4.3 組み合わせ刺激に対する方位および運動方向選択性 / p58 (0061.jp2)
  22. 4.4 受容野構造 / p66 (0069.jp2)
  23. 4.5 移動ランダムドット刺激に対する応答波形 / p70 (0073.jp2)
  24. 4.6 仮現運動 / p72 (0075.jp2)
  25. 4.7 眼優位コラムおよび方位選択性コラム / p75 (0078.jp2)
  26. 4.8 Linear zoneおよびpinwheel-like pattern / p78 (0081.jp2)
  27. 4.9 モデル細胞の検証法 / p80 (0083.jp2)
  28. 4.10 あとがき / p90 (0093.jp2)
  29. 第5章 シナプス前抑制を組み合わせた乗算的演算 / p92 (0095.jp2)
  30. 5.1 まえがき / p92 (0095.jp2)
  31. 5.2 モデル / p95 (0098.jp2)
  32. 5.3 シミュレーション / p100 (0103.jp2)
  33. 5.4 軸索の正伝送条件およびDaleの法則を考慮したモデル / p102 (0105.jp2)
  34. 5.5 生理実験との比較 / p108 (0111.jp2)
  35. 5.6 あとがき / p119 (0122.jp2)
  36. 第6章 両眼視差検出の細胞モデル / p120 (0123.jp2)
  37. 6.1 まえがき / p120 (0123.jp2)
  38. 6.2 モデル / p122 (0125.jp2)
  39. 6.3 シミュレーション結果 / p134 (0137.jp2)
  40. 6.4 生理実験との比較 / p140 (0143.jp2)
  41. 6.5 あとがき / p143 (0146.jp2)
  42. 第7章 2次元相関処理への応用 / p144 (0147.jp2)
  43. 7.1 まえがき / p144 (0147.jp2)
  44. 7.2 乗算的演算の応用 / p147 (0150.jp2)
  45. 7.3 局所運動検出アルゴリズムの応用 / p157 (0160.jp2)
  46. 7.4 ハフ平面での1次元コンボリューションの応用 / p162 (0165.jp2)
  47. 7.5 2次元相関LSIの検討 / p168 (0171.jp2)
  48. 7.6 あとがき / p171 (0174.jp2)
  49. 第8章 結論 / p173 (0176.jp2)
  50. 8.1 本研究の成果 / p173 (0176.jp2)
  51. 8.2 今後の課題と展望 / p176 (0179.jp2)
  52. 謝辞 / p178 (0181.jp2)
  53. 付録A ハフ変換と逆ハフ変換 / p179 (0182.jp2)
  54. A.1 ハフ変換 / p179 (0182.jp2)
  55. A.2 逆ハフ変換 / p180 (0183.jp2)
  56. 付録B シミュレーションに用いたパラメータ / p183 (0186.jp2)
  57. 付録C 2次元相関のハフ平面展開 / p187 (0190.jp2)
  58. 付録D 多次元行列による神経網の表現 / p189 (0192.jp2)
  59. D.1 神経網の多次元行列表現 / p189 (0192.jp2)
  60. D.2 細胞応答のシミュレーション / p196 (0199.jp2)
  61. D.3 神経細胞の発散的および集束的結線の行列表現 / p197 (0200.jp2)
  62. D.4 まとめ / p198 (0201.jp2)
  63. 参考文献 / p207 (0210.jp2)
  64. 発表論文 / p220 (0223.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134868
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973949
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299182
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ