Co-Mo/Al[2]O[3]触媒の活性と構造に及ぼす前処理効果に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 笠原, 清司 カサハラ, セイジ

書誌事項

タイトル

Co-Mo/Al[2]O[3]触媒の活性と構造に及ぼす前処理効果に関する研究

著者名

笠原, 清司

著者別名

カサハラ, セイジ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5646号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0005.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0009.jp2)
  3. 1.1 背景 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.2 Mo系水素化脱硫触媒 / p3 (0011.jp2)
  5. 1.3 チオフェン類の水素化脱硫反応 / p6 (0014.jp2)
  6. 1.4 硫化Co-Mo/Al₂O₃の表面構造とCoの役割 / p11 (0019.jp2)
  7. 1.5 Co-Mo/Al₂O₃の酸化物状態の構造と硫化過程における構造変化 / p14 (0022.jp2)
  8. 1.6 本研究の目的 / p17 (0025.jp2)
  9. 引用文献 / p19 (0027.jp2)
  10. 図表 / p23 (0031.jp2)
  11. 第2章 硫化Co-Mo/A1₂O₃を用いたベンゾチオフェンの水素化脱硫反応 / p39 (0047.jp2)
  12. 2.1 はじめに / p39 (0047.jp2)
  13. 2.2 実験方法 / p41 (0049.jp2)
  14. 2.3 結果および考察 / p45 (0053.jp2)
  15. 2.4 本章のまとめ / p50 (0058.jp2)
  16. 引用文献 / p52 (0060.jp2)
  17. 図表 / p53 (0061.jp2)
  18. 第3章 Co-Mo/Al₂O₃の水素化脱硫活性に及ぼす各種前処理の影響 / p73 (0081.jp2)
  19. 3.1 はじめに / p73 (0081.jp2)
  20. 3.2 実験方法 / p75 (0083.jp2)
  21. 3.3 結果および考察 / p77 (0085.jp2)
  22. 3.4 本章のまとめ / p82 (0090.jp2)
  23. 引用文献 / p83 (0091.jp2)
  24. 図表 / p85 (0093.jp2)
  25. 第4章 Mo K-edge EXAFSによる局所構造解析 / p97 (0105.jp2)
  26. 4.1 はじめに / p97 (0105.jp2)
  27. 4.2 EXAFS / p100 (0108.jp2)
  28. 4.3 実験方法 / p103 (0111.jp2)
  29. 4.4 結果および考察 / p105 (0113.jp2)
  30. 4.5 本章のまとめ / p112 (0120.jp2)
  31. 引用文献 / p113 (0121.jp2)
  32. 図表 / p115 (0123.jp2)
  33. 第5章 一酸化窒素(NO)をプローブとした配位不飽和サイトに関する検討 / p135 (0143.jp2)
  34. 5.1 はじめに / p135 (0143.jp2)
  35. 5.2 実験方法 / p137 (0145.jp2)
  36. 5.3 結果および考察 / p139 (0147.jp2)
  37. 5.4 本章のまとめ / p148 (0156.jp2)
  38. 引用文献 / p150 (0158.jp2)
  39. 図表 / p151 (0159.jp2)
  40. 第6章 総括 / p169 (0177.jp2)
  41. 謝辞 / p175 (0183.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134896
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973976
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299210
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ