エレクトロニクス用機能性バインダー樹脂の開発

この論文をさがす

著者

    • 田口, 好弘 タグチ, ヨシヒロ

書誌事項

タイトル

エレクトロニクス用機能性バインダー樹脂の開発

著者名

田口, 好弘

著者別名

タグチ, ヨシヒロ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5659号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 第2章 可溶性ポリ(アリールエーテルケトン)の合成と性質 / p7 (0013.jp2)
  4. 2-1 序論 / p7 (0013.jp2)
  5. 2-2 アルキル置換ポリ(アリールエーテルケトン)の合成 / p8 (0014.jp2)
  6. 2-3 合成ポリマーの溶解性 / p11 (0017.jp2)
  7. 2-4 合成ポリマーの熱的性質 / p13 (0019.jp2)
  8. 2-5 X線回折による結晶性の評価 / p15 (0021.jp2)
  9. 2-6 抵抗体での評価 / p18 (0024.jp2)
  10. 2-7 結論 / p21 (0027.jp2)
  11. 2-8 実験の部 / p22 (0028.jp2)
  12. 2-9 参考文献とノート / p26 (0032.jp2)
  13. 第3章 アセチレン末端ポリ(アリールエーテルケトン)の合成と性質 / p28 (0034.jp2)
  14. 3-1 序論 / p28 (0034.jp2)
  15. 3-2 芳香族求核置換反応による芳香環へのエチニル基の導入モデル反応 / p30 (0036.jp2)
  16. 3-3 2ステップによるアセチレン末端ポリ(アリールエーテルケトン)の合成 / p33 (0039.jp2)
  17. 3-4 モノマー仕込み比と分子量の関係(2ステップ合成) / p34 (0040.jp2)
  18. 3-5 1ステップによるアセチレン末端ポリ(アリールエーテルケトン)の合成 / p36 (0042.jp2)
  19. 3-6 モノマー仕込み比と分子量の関係(1ステップ合成) / p36 (0042.jp2)
  20. 3-7 生成ポリマーの溶解性 / p38 (0044.jp2)
  21. 3-8 生成ポリマーの硬化性と熱的性質 / p38 (0044.jp2)
  22. 3-9 生成ポリマーの分子量と活性化エネルギー / p42 (0048.jp2)
  23. 3-10 生成ポリマーの分子量と硬化物の熱膨張係数 / p44 (0050.jp2)
  24. 3-11 抵抗体での評価 / p45 (0051.jp2)
  25. 3-12 結論 / p49 (0055.jp2)
  26. 3-13 実験の部 / p50 (0056.jp2)
  27. 3-14 参考文献とノート / p53 (0059.jp2)
  28. 第4章 スチリル末端ポリ(アリールエーテルケトン)の合成と性質 / p56 (0062.jp2)
  29. 4-1 序論 / p56 (0062.jp2)
  30. 4-2 芳香環へのスチリル基導入モデル反応 / p57 (0063.jp2)
  31. 4-3 スチリル末端アリールエーテルケトンオリゴマーの合成 / p60 (0066.jp2)
  32. 4-4 スチリル末端ポリ(アリールエーテルケトン)の合成 / p61 (0067.jp2)
  33. 4-5 モノマー仕込み比と分子量の関係 / p62 (0068.jp2)
  34. 4-6 生成ポリマーの溶解性 / p67 (0073.jp2)
  35. 4-7 生成ポリマーの熱的性質 / p68 (0074.jp2)
  36. 4-8 抵抗体での評価 / p72 (0078.jp2)
  37. 4-9 結論 / p74 (0080.jp2)
  38. 4-10 実験の部 / p75 (0081.jp2)
  39. 4-11 参考文献とノート / p80 (0086.jp2)
  40. 第5章 シアノエチルビニルエーテルを1成分とする電子受容性モノマーとの共重合体の合成と高誘電性ポリマーへの応用 / p82 (0087.jp2)
  41. 5-1 序論 / p82 (0088.jp2)
  42. 5-2 シアノエチルビニルエーテルとシアノエチルアクリレート及びシアノエチルメタクリレート共重合体の合成 / p85 (0091.jp2)
  43. 5-3 モノマー反応性比 / p87 (0093.jp2)
  44. 5-4 生成ポリマーの誘電特性 / p90 (0096.jp2)
  45. 5-5 生成ポリマーの吸湿特性 / p93 (0099.jp2)
  46. 5-6 エレクトロルミネッセンス素子での評価 / p94 (0100.jp2)
  47. 5-7 結論 / p96 (0102.jp2)
  48. 5-8 実験の部 / p97 (0103.jp2)
  49. 5-9 参考文献とノート / p100 (0106.jp2)
  50. 第6章 シアノエチルアクリレートモノマーを1成分とする共重合体の合成と誘電特性 / p103 (0109.jp2)
  51. 6-1 序論 / p103 (0109.jp2)
  52. 6-2 シアノエチルアクリレートとシアノエチルメタクリレート及びアクリロニトリル共重合体の合成と性質 / p103 (0109.jp2)
  53. 6-3 種々の組成比の共重合体の誘電特性 / p107 (0113.jp2)
  54. 6-4 誘電特性と熱的特性の関係 / p109 (0115.jp2)
  55. 6-5 結論 / p112 (0118.jp2)
  56. 6-6 実験の部 / p112 (0118.jp2)
  57. 6-7 参考文献とノート / p114 (0120.jp2)
  58. 第7章 高誘電性ポリマーの応用 / p116 (0122.jp2)
  59. 7-1 序論 / p116 (0122.jp2)
  60. 7-2 エレクトロルミネッセンス素子(ELD)用バインダー樹脂の要求特性 / p116 (0122.jp2)
  61. 7-3 バインダー樹脂の構成 / p117 (0123.jp2)
  62. 7-4 開発ポリマーの基本特性 / p118 (0124.jp2)
  63. 7-5 エレクトロルミネッセンス素子での評価 / p121 (0127.jp2)
  64. 7-6 結論 / p123 (0129.jp2)
  65. 7-7 実験の部 / p124 (0130.jp2)
  66. 7-8 参考文献とノート / p126 (0132.jp2)
  67. 第8章 総括 / p127 (0133.jp2)
  68. 発表論文一覧 / p129 (0135.jp2)
  69. 謝辞 / p130 (0136.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134909
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000973988
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299223
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ