Ti-Al系α[2]相金属間化合物のクリープ変形挙動

この論文をさがす

著者

    • 永江, 勇二 ナガエ, ユウジ

書誌事項

タイトル

Ti-Al系α[2]相金属間化合物のクリープ変形挙動

著者名

永江, 勇二

著者別名

ナガエ, ユウジ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5672号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 1.序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 金属間化合物 / p1 (0005.jp2)
  5. 1.3 材料の強度 / p3 (0007.jp2)
  6. 1.4 Ti-Al系金属間化合物 / p8 (0012.jp2)
  7. 1.5 本研究の目的 / p11 (0015.jp2)
  8. 2.実験 / p13 (0017.jp2)
  9. 2.1 試料 / p13 (0017.jp2)
  10. 2.2 クリープ試験 / p13 (0017.jp2)
  11. 2.3 応力急変試験 / p15 (0019.jp2)
  12. 2.4 クリープ変形組織観察 / p16 (0020.jp2)
  13. 3.クリープ挙動 / p19 (0023.jp2)
  14. 3.1 24Alのクリープ挙動 / p19 (0023.jp2)
  15. 3.2 27Alのクリープ挙動 / p21 (0025.jp2)
  16. 3.3 34Alのクリープ挙動 / p23 (0027.jp2)
  17. 3.4 最小クリープ速度の組成依存性 / p35 (0039.jp2)
  18. 3.5 小括 / p36 (0040.jp2)
  19. 4.応力急変試験 / p39 (0043.jp2)
  20. 4.1 代表的な応力急変後の遷移挙動 / p39 (0043.jp2)
  21. 4.2 27Alの応力急変試験の結果 / p43 (0047.jp2)
  22. 4.3 34Alの応力急変試験の結果 / p45 (0049.jp2)
  23. 4.4 小括 / p47 (0051.jp2)
  24. 5.クリープ変形機構に関する検討 / p49 (0053.jp2)
  25. 5.1 24Alのクリープ変形機構 / p49 (0053.jp2)
  26. 5.2 27Alのクリープ変形機構 / p49 (0053.jp2)
  27. 5.3 34Alのクリープ変形機構 / p51 (0055.jp2)
  28. 5.4 最小クリープ速度の組成依存性に関する検討 / p61 (0065.jp2)
  29. 6.(Ti₃Al+TiAl)二相合金と単相材料 / p64 (0068.jp2)
  30. 6.1 完全層状(Ti₃Al+TiAl)二相合金の最小クリープ速度 / p64 (0068.jp2)
  31. 6.2 完全層状(Ti₃Al+TiAl)二相合金の強化 / p64 (0068.jp2)
  32. 6.3 Ti₃Al金属間化合物の強化 / p66 (0070.jp2)
  33. 7.結論 / p67 (0071.jp2)
  34. 謝辞 / (0075.jp2)
  35. 参考文献 / (0076.jp2)
  36. 表および図 / (0079.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134922
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000974000
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299236
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ