海洋構造物におけるアルカリシリカ反応に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 金, 昌吉 Kim, Chang Gil

書誌事項

タイトル

海洋構造物におけるアルカリシリカ反応に関する基礎的研究

著者名

金, 昌吉

著者別名

Kim, Chang Gil

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5685号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 要旨 / p3 (0005.jp2)
  2. 目次 / p7 (0009.jp2)
  3. 1 緒論 / p1 (0017.jp2)
  4. (1)序 / p1 (0017.jp2)
  5. (2)研究目的および意義 / p23 (0039.jp2)
  6. (3)本論文の構成 / p24 (0040.jp2)
  7. 2 海水およびNaClが供給される環境下におけるアルカリシリカ反応に対する促進試験方法考案 / p26 (0042.jp2)
  8. (1)序 / p26 (0042.jp2)
  9. (2)実験材料および方法 / p28 (0044.jp2)
  10. (3)結果および考察 / p35 (0051.jp2)
  11. (4)本章のまとめ / p43 (0059.jp2)
  12. 3 海水、あるいはNaClが供給される環境下におけるアルカリシリカ反応促進試験期間の検討 / p46 (0062.jp2)
  13. (1)序 / p46 (0062.jp2)
  14. (2)実験材料および方法 / p48 (0064.jp2)
  15. (3)結果および考察 / p49 (0065.jp2)
  16. (4)本章のまとめ / p54 (0070.jp2)
  17. 4 海水およびNaClが供給される環境下におけるシリカフュームによる反応性骨材の膨張抑制効果 / p56 (0072.jp2)
  18. (1)序 / p56 (0072.jp2)
  19. (2)実験材料および方法 / p58 (0074.jp2)
  20. (3)結果および考察 / p60 (0076.jp2)
  21. (4)本章のまとめ / p66 (0082.jp2)
  22. 5 海水およびNaClが供給される環境下における高炉スラグ微粉末による反応性骨材の膨張抑制効果 / p67 (0083.jp2)
  23. (1)序 / p67 (0083.jp2)
  24. (2)実験材料および方法 / p69 (0085.jp2)
  25. (3)結果および考察 / p73 (0089.jp2)
  26. (4)本章のまとめ / p79 (0095.jp2)
  27. 6 結論 / p81 (0097.jp2)
  28. (1)海水およびNaClが供給される環境下におけるアルカリシリカ反応に対する促進試験方法考案 / p81 (0097.jp2)
  29. (2)海水、あるいはNaClが供給される環境下におけるアルカリシリカ反応促進試験期間の検討 / p83 (0099.jp2)
  30. (3)海水およびNaClが供給される環境下におけるシリカフュームによる反応性骨材の膨張抑制効果 / p84 (0100.jp2)
  31. (4)海水およびNaClが供給される環境下における高炉スラグ微粉末による反応性骨材の膨張抑制効果 / p85 (0101.jp2)
  32. 参考文献 / p88 (0104.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134935
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000974011
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299249
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ