鋼板接着によるコンクリート構造物の補強設計法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 佐野, 正 サノ, マサシ

書誌事項

タイトル

鋼板接着によるコンクリート構造物の補強設計法に関する研究

著者名

佐野, 正

著者別名

サノ, マサシ

学位授与大学

東北大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第5686号

学位授与年月日

1996-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文要旨 / (0003.jp2)
  2. 目次 / (0010.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0013.jp2)
  4. 1.1 本研究の背景 / p1 (0013.jp2)
  5. 1.2 本研究の目的と意義 / p5 (0017.jp2)
  6. 1.3 既往の研究 / p6 (0018.jp2)
  7. 1.4 本研究の構成 / p10 (0022.jp2)
  8. 第2章 鋼板接着により補強された鉄筋コンクリートはりの性質 / p13 (0025.jp2)
  9. 2.1 概説 / p13 (0025.jp2)
  10. 2.2 実験概要 / p13 (0025.jp2)
  11. 2.3 実験結果および考察 / p17 (0029.jp2)
  12. 2.4 ひび割れ荷重、降伏荷重および圧壊荷重の推定 / p30 (0042.jp2)
  13. 2.5 まとめ / p33 (0045.jp2)
  14. 第3章 鋼板のはく離現象 / p34 (0046.jp2)
  15. 3.1 概説 / p34 (0046.jp2)
  16. 3.2 両引き供試体を用いた鋼板のはく離実験 / p34 (0046.jp2)
  17. 3.3 線形FEMによる接着部の応力解析 / p41 (0053.jp2)
  18. 3.4 まとめ / p52 (0064.jp2)
  19. 第4章 鋼板の定着長 / p53 (0065.jp2)
  20. 4.1 概説 / p53 (0065.jp2)
  21. 4.2 はり部材における鋼板接着部の応力解析 / p53 (0065.jp2)
  22. 4.3 鋼板定着長およびはく離荷重の算定式 / p77 (0089.jp2)
  23. 4.4 はり供試体による確認実験 / p79 (0091.jp2)
  24. 4.5 まとめ / p89 (0101.jp2)
  25. 第5章 補強設計法に関する提案 / p91 (0103.jp2)
  26. 5.1 鋼板接着長の決定法 / p91 (0103.jp2)
  27. 5.2 機械的定着の併用 / p93 (0105.jp2)
  28. 5.3 鋼板接着により補強されたRCおよびPCはりの曲げ耐荷力算定法 / p94 (0106.jp2)
  29. 第6章 結論 / p99 (0111.jp2)
  30. 謝辞 / p102 (0114.jp2)
  31. 参考文献 / p103 (0115.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000134936
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000974012
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000299250
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ