【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

日本昔話の構造と表現の研究 ニホン ムカシバナシ ノ コウゾウ ト ヒョウゲン ノ ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 川森, 博司 カワモリ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

日本昔話の構造と表現の研究

タイトル別名

ニホン ムカシバナシ ノ コウゾウ ト ヒョウゲン ノ ケンキュウ

著者名

川森, 博司

著者別名

カワモリ, ヒロシ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

乙第7214号

学位授与年月日

1997-04-11

注記・抄録

博士論文

14401乙第07214号

博士(文学)

大阪大学

1997-04-11

13280

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序―問題設定― / p1 (0005.jp2)
  3. 第一部 日本昔話の構造分析 / (0008.jp2)
  4. 第一章 口承説話と民俗社会 / p9 (0009.jp2)
  5. はじめに / p9 (0009.jp2)
  6. 一 口承文芸の位置づけ / p10 (0010.jp2)
  7. 二 民俗社会 / p16 (0013.jp2)
  8. 三 伝説 / p17 (0013.jp2)
  9. 四 昔話 / p23 (0016.jp2)
  10. まとめ / p26 (0018.jp2)
  11. 第二章 異類婚姻譚における交換の構造 / p28 (0019.jp2)
  12. 一 昔話の構造分析 / p28 (0019.jp2)
  13. 二 問題設定 / p30 (0020.jp2)
  14. 三 異類女房譚 / p31 (0020.jp2)
  15. 四 異類聟譚 / p41 (0025.jp2)
  16. 五 異類女房譚と異類聟譚の比較 / p49 (0029.jp2)
  17. おわりに / p55 (0032.jp2)
  18. 第三章 登場人物の対立関係と隣モチーフ―富の獲得をめぐる昔話の類型― / p58 (0034.jp2)
  19. はじめに / p58 (0034.jp2)
  20. 一 「海神の贈物」における登場人物の対立 / p59 (0034.jp2)
  21. 二 二元的対立の昔話 / p65 (0037.jp2)
  22. 三 日本国内での地域差―奄美・沖縄地域の問題― / p76 (0043.jp2)
  23. 四 韓国との比較に向けて / p85 (0047.jp2)
  24. まとめ / p90 (0050.jp2)
  25. 第二部 日韓比較研究 / (0052.jp2)
  26. 第一章 韓国口承説話の分類体系の検討 / p97 (0053.jp2)
  27. はじめに / p97 (0053.jp2)
  28. 一 韓国口承説話の類型分類の諸業績 / p98 (0054.jp2)
  29. 二 『韓国口碑文学大系』の分類体系―趙東一の分類構想― / p105 (0057.jp2)
  30. 三 異類婚姻譚の分類をめぐって / p119 (0064.jp2)
  31. 四 類型分類の問題点と今後への展望 / p131 (0070.jp2)
  32. 第二章 異類婚姻譚の類型分析 / p139 (0074.jp2)
  33. はじめに / p139 (0074.jp2)
  34. 一 「異常誕生」と「異類婚姻」 / p140 (0075.jp2)
  35. 二 日本の異類聟譚の類型 / p144 (0077.jp2)
  36. 三 韓国の異類聟譚の類型 / p148 (0079.jp2)
  37. 四 異類女房譚の類型 / p157 (0083.jp2)
  38. 五 諸類型の整理 / p171 (0090.jp2)
  39. 第三章 来訪者をめぐる説話の比較研究―登場人物の対立関係を中心に― / p178 (0094.jp2)
  40. 一 韓国の「長者池伝説」 / p178 (0094.jp2)
  41. 二 「大歳の客」型の昔話 / p181 (0095.jp2)
  42. 三 登場人物の対立関係 / p186 (0098.jp2)
  43. 四 来訪者の性格 / p191 (0100.jp2)
  44. 五 来訪者説話の変異とその背景 / p194 (0102.jp2)
  45. おわりに / p202 (0106.jp2)
  46. 第三部 伝承の場の変容と語り手の現在 / (0108.jp2)
  47. 第一章 語り手への視点と語りの場の変容 / p209 (0109.jp2)
  48. はじめに / p209 (0109.jp2)
  49. 一 語り手論の展開 / p211 (0110.jp2)
  50. 二 語りの場の変容 / p217 (0113.jp2)
  51. 三 語り手と語りの現在への視点 / p222 (0116.jp2)
  52. おわりに / p229 (0119.jp2)
  53. 第二章 観光の場のなかの昔話と語り手―昔話伝承の動態的モデル― / p233 (0121.jp2)
  54. はじめに / p233 (0121.jp2)
  55. 一 ふるさとイメージと観光の文脈 / p235 (0122.jp2)
  56. 二 観光の場における昔話の言語 / p241 (0125.jp2)
  57. 三 話型と語り口をめぐる語り手の実践 / p247 (0128.jp2)
  58. おわりに / p261 (0135.jp2)
  59. 第三章 語り手から見た昔話―岩手県遠野の観光の現場から― / p264 (0137.jp2)
  60. はじめに / p264 (0137.jp2)
  61. 結論―まとめと今後の課題― / p321 (0165.jp2)
  62. 引用参考文献 / p331 (0170.jp2)
  63. 成稿一覧 / p341 (0175.jp2)
61アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150186
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061040
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000314500
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ