【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

通信サービス要求仕様化支援技術に関する研究 ツウシン サービス ヨウキュウ シヨウカ シエン ギジュツ ニカンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 高見, 一正 タカミ, カズマサ

書誌事項

タイトル

通信サービス要求仕様化支援技術に関する研究

タイトル別名

ツウシン サービス ヨウキュウ シヨウカ シエン ギジュツ ニカンスル ケンキュウ

著者名

高見, 一正

著者別名

タカミ, カズマサ

学位授与大学

大阪大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第7241号

学位授与年月日

1997-05-23

注記・抄録

博士論文

14401乙第07241号

博士(工学)

大阪大学

1997-05-23

13307

目次

  1. 論文内容の要旨 / (0003.jp2)
  2. 目次 / 1 / 5 (0004.jp2)
  3. 謝辞 / p1 (0007.jp2)
  4. 第1章 序論 / p2 (0008.jp2)
  5. 1.1 背景と目的 / p2 (0008.jp2)
  6. 1.2 要求条件と課題 / p4 (0009.jp2)
  7. 1.3 従来研究と本論文の関係 / p7 (0010.jp2)
  8. 1.4 論文の構成と各章の概要 / p11 (0012.jp2)
  9. 第2章 通信サービスの視覚的な要求仕様記述支援法 / p15 (0014.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p15 (0014.jp2)
  11. 2.2 図形による仕様記述 / p15 (0014.jp2)
  12. 2.3 アニメーションによる仕様確認 / p22 (0018.jp2)
  13. 2.4 サービス競合解消 / p26 (0020.jp2)
  14. 2.5 仕様化支援環境 / p27 (0020.jp2)
  15. 2.6 評価及び考察 / p29 (0021.jp2)
  16. 2.7 結言 / p37 (0025.jp2)
  17. 第3章 通信サービスの要求仕様検証支援法 / p38 (0026.jp2)
  18. 3.1 緒言 / p38 (0026.jp2)
  19. 3.2 異常な状態への遷移の定義 / p38 (0026.jp2)
  20. 3.3 仕様記述言語 / p47 (0030.jp2)
  21. 3.4 異常な状態への遷移検出法 / p48 (0031.jp2)
  22. 3.5 異常な状態への遷移の検出例 / p50 (0032.jp2)
  23. 3.6 評価及び考察 / p53 (0033.jp2)
  24. 3.7 結言 / p57 (0035.jp2)
  25. 第4章 通信サービスにおけるメッセージシーケンス図記述からルール記述への仕様変換法 / p59 (0036.jp2)
  26. 4.1 緒言 / p59 (0036.jp2)
  27. 4.2 MSCによる仕様記述 / p59 (0036.jp2)
  28. 4.3 MSCからルールへの変換法 / p60 (0037.jp2)
  29. 4.4 適用例と考察 / p70 (0042.jp2)
  30. 4.5 結言 / p76 (0045.jp2)
  31. 第5章 信号規則による通信サービス仕様設計支援法 / p77 (0045.jp2)
  32. 5.1 緒言 / p77 (0045.jp2)
  33. 5.2 通信サービス設計 / p77 (0045.jp2)
  34. 5.3 MSR記述法 / p79 (0046.jp2)
  35. 5.4 MSRによる仕様設計支援法 / p87 (0050.jp2)
  36. 5.5 具体的な設計支援例 / p89 (0051.jp2)
  37. 5.6 設計支援環境の試作 / p95 (0054.jp2)
  38. 5.7 評価及び考察 / p97 (0055.jp2)
  39. 5.8 結言 / p100 (0057.jp2)
  40. 第6章 高度INによるパーソナル通信サービスのための網機能配備法 / p102 (0058.jp2)
  41. 6.1 緒言 / p102 (0058.jp2)
  42. 6.2 パーソナル通信サービスと要求条件 / p102 (0058.jp2)
  43. 6.3 パーソナル通信網アーキテクチャ / p108 (0061.jp2)
  44. 6.4 考察 / p114 (0064.jp2)
  45. 6.5 結言 / p119 (0066.jp2)
  46. 第7章 知識を用いた通信サービス仕様の段階的な詳細化支援法 / p120 (0067.jp2)
  47. 7.1 緒言 / p120 (0067.jp2)
  48. 7.2 仕様詳細化支援法 / p120 (0067.jp2)
  49. 7.3 仕様定義法 / p124 (0069.jp2)
  50. 7.4 機能仕様からSLPソフトウェア仕様への変換 / p126 (0070.jp2)
  51. 7.5 SLP生成ツール / p139 (0076.jp2)
  52. 7.6 評価及び考察 / p141 (0077.jp2)
  53. 7.7 結言 / p147 (0080.jp2)
  54. 第8章 結論 / p148 (0081.jp2)
  55. 参考文献 / p152 (0083.jp2)
  56. 付録 / p164 (0089.jp2)
  57. 発表論文一覧 / p176 (0095.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150213
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061067
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000314527
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ