【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

液相法による機能性酸化物セラミックス調製に関する素材プロセス工学的研究

この論文をさがす

著者

    • 竹花, 末起一 タケハナ, マキカズ

書誌事項

タイトル

液相法による機能性酸化物セラミックス調製に関する素材プロセス工学的研究

著者名

竹花, 末起一

著者別名

タケハナ, マキカズ

学位授与大学

秋田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第280号

学位授与年月日

1997-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 本研究の背景 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 本論文の目的および概要 / p5 (0010.jp2)
  6. 引用文献 / p6 (0011.jp2)
  7. 第2章 従来の製造法ならびに既往の研究 / p7 (0012.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p7 (0012.jp2)
  9. 2.2 従来の製造法と問題点 / p9 (0014.jp2)
  10. 2.3 既往の研究 / p12 (0017.jp2)
  11. 2.4 結言 / p22 (0027.jp2)
  12. 引用文献 / p23 (0028.jp2)
  13. 第3章 酸化亜鉛バリスタ前駆体の調製 / p30 (0035.jp2)
  14. 3.1 緒言 / p30 (0035.jp2)
  15. 3.2 実験方法 / p31 (0036.jp2)
  16. 3.3 結果および考察 / p36 (0041.jp2)
  17. 3.4 結言 / p43 (0048.jp2)
  18. 引用文献 / p44 (0049.jp2)
  19. 第4章 前駆体の仮焼きならびに焼成 / p46 (0051.jp2)
  20. 4.1 緒言 / p46 (0051.jp2)
  21. 4.2 実験方法 / p47 (0052.jp2)
  22. 4.3 結果および考察 / p50 (0055.jp2)
  23. 4.4 結言 / p69 (0074.jp2)
  24. 引用文献 / p69 (0074.jp2)
  25. 第5章 バリスタ特性に与えるプラセオジムならびにコバルト添加の影響 / p71 (0076.jp2)
  26. 5.1 緒言 / p71 (0076.jp2)
  27. 5.2 実験方法 / p72 (0077.jp2)
  28. 5.3 結果および考察 / p77 (0082.jp2)
  29. 5.4 結言 / p103 (0108.jp2)
  30. 引用文献 / p104 (0109.jp2)
  31. 第6章 バリスタ特性および添加物の分散状態に与える仮焼き温度ならびに焼成雰囲気の影響 / p106 (0111.jp2)
  32. 6.1 緒言 / p106 (0111.jp2)
  33. 6.2 実験方法 / p107 (0112.jp2)
  34. 6.3 結果および考察 / p108 (0113.jp2)
  35. 6.4 結言 / p123 (0128.jp2)
  36. 引用文献 / p124 (0129.jp2)
  37. 第7章 総括 / p126 (0131.jp2)
  38. 謝辞 / p129 (0134.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150527
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061375
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000314841
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ