【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

脳障害における画像診断技法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 佐藤, 和人 サトウ, カズヒト

書誌事項

タイトル

脳障害における画像診断技法に関する研究

著者名

佐藤, 和人

著者別名

サトウ, カズヒト

学位授与大学

秋田大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第286号

学位授与年月日

1997-03-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0005.jp2)
  2. 1章.序論 / p7 (0011.jp2)
  3. 1.1 はじめに / p7 (0011.jp2)
  4. 1.2 MRIと画像診断技術 / p9 (0013.jp2)
  5. 1.3 成人病と前頭葉萎縮 / p12 (0016.jp2)
  6. 1.4 本論文の構成 / p13 (0017.jp2)
  7. 2章.SNAKEモデルによる輪郭抽出法 / p17 (0021.jp2)
  8. 2.1 はじめに / p17 (0021.jp2)
  9. 2.2 エネルギー関数と輪郭抽出アルゴリズム / p17 (0021.jp2)
  10. 2.3 実験結果 / p24 (0028.jp2)
  11. 2.4 考察 / p28 (0032.jp2)
  12. 3章.ファジィクラスタリングによる領域分割法 / p30 (0034.jp2)
  13. 3.1 はじめに / p30 (0034.jp2)
  14. 3.2 診断対象領域の限定(絞り込み)手順 / p30 (0034.jp2)
  15. 3.3 領域分割法 / p33 (0037.jp2)
  16. 3.4 実験結果 / p35 (0039.jp2)
  17. 3.5 考察 / p55 (0059.jp2)
  18. 4章.萎縮の重症度とフラクタル次元の推定 / p57 (0061.jp2)
  19. 4.1 はじめに / p57 (0061.jp2)
  20. 4.2 フラクタル次元の推定法 / p58 (0062.jp2)
  21. 4.3 実験結果 / p64 (0068.jp2)
  22. 4.4 考察 / p79 (0083.jp2)
  23. 5章.脳組織のフラクタル性を利用した3次元像再構成法 / p81 (0085.jp2)
  24. 5.1 はじめに / p81 (0085.jp2)
  25. 5.2 3次元像の再構成法 / p82 (0086.jp2)
  26. 5.3 実験結果 / p89 (0093.jp2)
  27. 5.4 考察 / p96 (0100.jp2)
  28. 6章.結論 / p98 (0102.jp2)
  29. 6.1 画像診断技法の評価 / p98 (0102.jp2)
  30. 6.2 MRI脳画像比較読影支援システムの構築に向けて / p100 (0104.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150533
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061380
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000314847
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ