【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

複数エージェントのコミュニケーションによる共通言語の組織化

この論文をさがす

著者

    • 小野, 哲雄 オノ, テツオ

書誌事項

タイトル

複数エージェントのコミュニケーションによる共通言語の組織化

著者名

小野, 哲雄

著者別名

オノ, テツオ

学位授与大学

北陸先端科学技術大学院大学

取得学位

博士 (情報科学)

学位授与番号

甲第18号

学位授与年月日

1997-06-27

注記・抄録

博士論文

情報科学研究科

博士

目次

  1. 要旨 / (0003.jp2)
  2. 目次 / p1 (0005.jp2)
  3. 1 序論 / p2 (0011.jp2)
  4. 1.1 研究の背景と目的 / p2 (0011.jp2)
  5. 1.2 本論文の構成 / p4 (0013.jp2)
  6. 2 自然言語研究と共通言語の組織化 / p7 (0016.jp2)
  7. 2.1 自然言語研究における問題点 / p8 (0017.jp2)
  8. 2.2 言語変化理論 / p9 (0018.jp2)
  9. 2.3 ピジン・クレオール研究 / p10 (0019.jp2)
  10. 2.4 人工生命における言語の進化に関する研究 / p15 (0024.jp2)
  11. 2.5 共通言語の組織化 / p17 (0026.jp2)
  12. 2.6 まとめ / p19 (0028.jp2)
  13. 3 文法理論を制約として用いたエージェント群による共通言語の組織化 / p20 (0029.jp2)
  14. 3.1 共通言語 / p20 (0029.jp2)
  15. 3.2 文法獲得のモデル / p21 (0030.jp2)
  16. 3.3 実験 / p32 (0041.jp2)
  17. 3.4 実験結果の考察 / p35 (0044.jp2)
  18. 3.5 まとめ / p40 (0049.jp2)
  19. 4 推論機能を有するエージェント群による共通文法の組織化 / p41 (0050.jp2)
  20. 4.1 エージェント / p42 (0051.jp2)
  21. 4.2 コミュニケーション / p48 (0057.jp2)
  22. 4.3 実験 / p53 (0062.jp2)
  23. 4.4 実験結果の考察 / p67 (0076.jp2)
  24. 4.5 まとめ / p69 (0078.jp2)
  25. 5 共通言語の組織化と語彙の変化 / p71 (0080.jp2)
  26. 5.1 言語変化における語彙の重要性 / p71 (0080.jp2)
  27. 5.2 語彙獲得のモデル / p72 (0081.jp2)
  28. 5.3 エージェント / p77 (0086.jp2)
  29. 5.4 モデルの動作 / p80 (0089.jp2)
  30. 5.5 まとめ / p83 (0092.jp2)
  31. 6 考察 / p84 (0093.jp2)
  32. 6.1 関連研究との比較・検討 / p84 (0093.jp2)
  33. 6.2 本研究の問題点と今後の課題 / p88 (0097.jp2)
  34. 7 結論 / p91 (0100.jp2)
  35. 謝辞 / p94 (0103.jp2)
  36. 参考文献 / p95 (0104.jp2)
  37. 発表論文リスト / p100 (0109.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150789
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061624
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000315103
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ