【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

血管内皮細胞のヘパラン硫酸プロテオグリカンの変化を介したカドミウムおよび鉛の毒性発現に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大河原, 晋 オオカワラ, ススム

書誌事項

タイトル

血管内皮細胞のヘパラン硫酸プロテオグリカンの変化を介したカドミウムおよび鉛の毒性発現に関する研究

著者名

大河原, 晋

著者別名

オオカワラ, ススム

学位授与大学

北陸大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第9号

学位授与年月日

1997-03-17

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  3. 材料と方法 / p4 (0007.jp2)
  4. 1.材料 / p4 (0007.jp2)
  5. 2.ヘパリン様活性の測定 / p5 (0007.jp2)
  6. 3.グリコサミノグリカンヘの〔³H〕グルコサミンおよび〔³⁵S〕硫酸の取り込み / p5 (0007.jp2)
  7. 4.血管内皮細胞グリコサミノグリカンの構成成分の分析 / p6 (0008.jp2)
  8. 5.細胞毒性 / p7 (0008.jp2)
  9. 6.DNAおよび蛋白合成 / p8 (0009.jp2)
  10. 7.カドミウムの定量 / p8 (0009.jp2)
  11. 8.血管内皮細胞プロテオグリカンの解析 / p8 (0009.jp2)
  12. 9.内皮細胞コンディションドメディウムによる血管平滑筋細胞増殖の変化 / p11 (0010.jp2)
  13. 10.統計処理 / p12 (0011.jp2)
  14. 第I章 カドミウムによる血管内皮および血管平滑筋細胞グリコサミノグリカン産生の刺激 / p13 (0011.jp2)
  15. 第1節 カドミウムによる内皮細胞グリコサミノグリカン産生の変化 / p15 (0012.jp2)
  16. 第2節 カドミウムによる血管平滑筋細胞グリコサミノグリカン産生の変化 / p25 (0017.jp2)
  17. 第3節 内皮細胞グリコサミノグリカン産生に対するカドミウムと亜鉛の相互作用 / p32 (0021.jp2)
  18. 第4節 考察 / p37 (0023.jp2)
  19. 第II章 カドミウムによる内皮細胞ヘパラン硫酸プロテオグリカンの特性の変化 / p41 (0025.jp2)
  20. 第1節 荷電密度に基づくプロテオグリカンの特性の変化 / p43 (0026.jp2)
  21. 第2節 分子量に基づくヘパラン硫酸プロテオグリカンの特性の変化 / p45 (0027.jp2)
  22. 第3節 ヘパラン硫酸糖鎖の分子量の変化 / p47 (0028.jp2)
  23. 第4節 コア蛋白の分析 / p49 (0029.jp2)
  24. 第5節 血管平滑筋細胞増殖に及ぼす影響 / p50 (0030.jp2)
  25. 第6節 考察 / p51 (0030.jp2)
  26. 第III章 鉛による内皮細胞ヘパラン硫酸プロテオグリカンの特性の変化 / p55 (0032.jp2)
  27. 第1節 荷電密度に基づくプロテオグリカンの特性の変化 / p56 (0033.jp2)
  28. 第2節 分子量に基づくヘパラン硫酸プロテオグリカンの特性の変化 / p59 (0034.jp2)
  29. 第3節 ヘパラン硫酸糖鎖の分子量の変化 / p60 (0035.jp2)
  30. 第4節 コア蛋白の分析 / p62 (0036.jp2)
  31. 第5節 考察 / p63 (0036.jp2)
  32. 結論 / p66 (0038.jp2)
  33. 参考論文 / p68 (0039.jp2)
  34. 引用文献 / p69 (0039.jp2)
  35. 謝辞 / p77 (0043.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000150917
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061750
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315231
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ