【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Two transcription factors, E1AF and N-myc, correlate with the invasiveness of neuroblastoma cell lines 神経芽腫培養細胞における転写因子E1AFの発現およびN-myc遺伝子増幅と浸潤能の相関

この論文をさがす

著者

    • 田口, 和典 タグチ, カズノリ

書誌事項

タイトル

Two transcription factors, E1AF and N-myc, correlate with the invasiveness of neuroblastoma cell lines

タイトル別名

神経芽腫培養細胞における転写因子E1AFの発現およびN-myc遺伝子増幅と浸潤能の相関

著者名

田口, 和典

著者別名

タグチ, カズノリ

学位授与大学

札幌医科大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第1105号

学位授与年月日

1997-03-28

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151034
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001061866
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315348
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ