【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

情動ストレスによるペントバルビタール誘発睡眠短縮機構に関する薬理学的研究

この論文をさがす

著者

    • 生島, 一真 オジマ, カズマ

書誌事項

タイトル

情動ストレスによるペントバルビタール誘発睡眠短縮機構に関する薬理学的研究

著者名

生島, 一真

著者別名

オジマ, カズマ

学位授与大学

富山医科薬科大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第280号

学位授与年月日

1997-03-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 本論 / p3 (0005.jp2)
  4. 第1章 研究課題の背景 / p3 (0005.jp2)
  5. 1.実験的ストレスモデル / p3 (0005.jp2)
  6. 2.ストレスと神経伝達物質 / p5 (0006.jp2)
  7. 第2章 薬物誘発睡眠に対する隔離飼育ストレスの影響 / p17 (0012.jp2)
  8. 第1節 隔離飼育ストレスによるpentobarbital誘発睡眠短縮におけるノルアドレナリン(NA)神経及びCRF神経系の関与 / p19 (0013.jp2)
  9. 1.緒言 / p19 (0013.jp2)
  10. 2.実験材料と方法 / p19 (0013.jp2)
  11. 3.結果 / p21 (0014.jp2)
  12. 4.考察 / p27 (0017.jp2)
  13. 5.小活 / p29 (0018.jp2)
  14. 第2節 ノルアドレナリン神経の選択的破壊の効果 / p30 (0019.jp2)
  15. 1.緒言 / p30 (0019.jp2)
  16. 2.実験材料と方法 / p30 (0019.jp2)
  17. 3.結果 / p31 (0019.jp2)
  18. 4.考察 / p33 (0020.jp2)
  19. 5.小活 / p34 (0021.jp2)
  20. 第3章 隔離飼育ストレスのGABA-A受容体機能への影響 / p35 (0021.jp2)
  21. 第1節 隔離飼育ストレスのpentobarbital誘発睡眠におけるneurosteroidの関与 / p37 (0022.jp2)
  22. 1.緒言 / p37 (0022.jp2)
  23. 2.実験材料と方法 / p37 (0022.jp2)
  24. 3.結果 / p38 (0023.jp2)
  25. 4.考察 / p40 (0024.jp2)
  26. 5.小活 / p45 (0026.jp2)
  27. 第2節 隔離飼育ストレスのpentobarbital誘発睡眠におけるbenzodiazepine (BZD)受容体逆作動性内因物質の関与 / p46 (0027.jp2)
  28. 1.緒言 / p46 (0027.jp2)
  29. 2.実験材料と方法 / p46 (0027.jp2)
  30. 3.結果 / p48 (0028.jp2)
  31. 4.考察 / p51 (0029.jp2)
  32. 5.小活 / p56 (0032.jp2)
  33. 第3節 Ethanol誘発睡眠短縮におけるGABA-A受容体機能の関与 / p57 (0032.jp2)
  34. 1.緒言 / p57 (0032.jp2)
  35. 2.実験材料と方法 / p57 (0032.jp2)
  36. 3.結果 / p58 (0033.jp2)
  37. 4.考察 / p60 (0034.jp2)
  38. 5.小活 / p62 (0035.jp2)
  39. 総括 / p63 (0035.jp2)
  40. 謝辞 / p65 (0036.jp2)
  41. 参照文献 / p66 (0037.jp2)
8アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151124
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068077
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315438
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ