【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

鉄道騒音振動の分析と予測に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 奥村, 陽三 オクムラ, ヨウゾウ

書誌事項

タイトル

鉄道騒音振動の分析と予測に関する研究

著者名

奥村, 陽三

著者別名

オクムラ, ヨウゾウ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5222号

学位授与年月日

1997-04-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 まえがき / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 既往の研究についての概説 / p2 (0005.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的 / p5 (0006.jp2)
  6. 1.4 本研究の概要 / p6 (0007.jp2)
  7. 第2章 鉄道騒音振動の測定・評価及び調査データの蓄積・管理 / p8 (0008.jp2)
  8. 2.1 まえがき / p8 (0008.jp2)
  9. 2.2 鉄道騒音振動の測定と評価 / p8 (0008.jp2)
  10. 2.3 鉄道騒音振動の分析・予測精度とその適用対象・目的 / p12 (0010.jp2)
  11. 2.4 鉄道騒音振動に関する調査測定データとその蓄積・管理 / p14 (0011.jp2)
  12. 2.5 あとがき / p17 (0012.jp2)
  13. 第3章 数量化理論による新幹線鉄道騒音振動の要因分析と予測 / p23 (0015.jp2)
  14. 3.1 まえがき / p23 (0015.jp2)
  15. 3.2 数量化理論の概要 / p23 (0015.jp2)
  16. 3.3 騒音ピークレベルの分析 / p25 (0016.jp2)
  17. 3.4 単発騒音暴露レベルの分析 / p34 (0021.jp2)
  18. 3.5 騒音レベルの予測 / p38 (0023.jp2)
  19. 3.6 新幹線鉄道騒音の環境基準に対する適合状況の分析・予測 / p41 (0024.jp2)
  20. 3.7 振動ピークレベルの分析 / p45 (0026.jp2)
  21. 3.8 振動ピークレベルの予測 / p51 (0029.jp2)
  22. 3.9 あとがき / p51 (0029.jp2)
  23. 第4章 数量化理論による在来線鉄道騒音振動の要因分析と予測 / p54 (0031.jp2)
  24. 4.1 まえがき / p54 (0031.jp2)
  25. 4.2 騒音ピークレベルの分析 / p54 (0031.jp2)
  26. 4.3 単発騒音暴露レベルの分析 / p59 (0033.jp2)
  27. 4.4 騒音レベルの予測 / p64 (0036.jp2)
  28. 4.5 振動ピークレベルの分析・予測 / p64 (0036.jp2)
  29. 4.6 新幹線と在来線に対する分析・予測結果の比較検討 / p70 (0039.jp2)
  30. 4.7 サンプルの重み付けに関する検討 / p71 (0039.jp2)
  31. 4.8 あとがき / p73 (0040.jp2)
  32. 第5章 単発騒音暴露レベルの予測と新幹線鉄道騒音の変遷 / p75 (0041.jp2)
  33. 5.1 まえがき / p75 (0041.jp2)
  34. 5.2 有限長線音源モデルに基づく騒音ピークレベルと単発騒音暴露レベルの関係 / p75 (0041.jp2)
  35. 5.3 単発騒音暴露レベルの予測 / p79 (0043.jp2)
  36. 5.4 等価騒音レベルから見た新幹線鉄道騒音の変遷 / p79 (0043.jp2)
  37. 5.5 あとがき / p85 (0046.jp2)
  38. 第6章 過剰減衰を考慮した有限長線音線モデルに基づく鉄道騒音の重回帰分析 / p86 (0047.jp2)
  39. 6.1 まえがき / p86 (0047.jp2)
  40. 6.2 モデル / p86 (0047.jp2)
  41. 6.3 分析手法 / p93 (0050.jp2)
  42. 6.4 分析結果 / p94 (0051.jp2)
  43. 6.5 分析精度に関するモデル間の比較検討 / p98 (0053.jp2)
  44. 6.6 あとがき / p101 (0054.jp2)
  45. 第7章 ニューラルネットワークによる鉄道騒音振動の予測 / p103 (0055.jp2)
  46. 7.1 まえがき / p103 (0055.jp2)
  47. 7.2 騒音振動レベルの予測 / p104 (0056.jp2)
  48. 7.3 [数式]の[数式]等による予測 / p117 (0062.jp2)
  49. 7.4 新幹線鉄道騒音の環境基準に対する適合状況の予測 / p117 (0062.jp2)
  50. 7.5 あとがき / p119 (0063.jp2)
  51. 第8章 結論 / p121 (0064.jp2)
  52. 謝辞 / p125 (0066.jp2)
  53. 文献 / p126 (0067.jp2)
  54. 付録1 データセットについて / p130 (0069.jp2)
  55. 付録2 数量化理論 / p134 (0071.jp2)
  56. 付録3 誤差逆伝搬学習法とその高速化 / p138 (0073.jp2)
  57. 付録4 用語 / p140 (0074.jp2)
  58. 業績リスト / p142 (0075.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151178
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068128
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315492
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ