【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

線形位相をもつ直交及び双直交FIRフィルタバンクの設計

この論文をさがす

著者

    • 長井, 隆行 ナガイ, タカユキ

書誌事項

タイトル

線形位相をもつ直交及び双直交FIRフィルタバンクの設計

著者名

長井, 隆行

著者別名

ナガイ, タカユキ

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1577号

学位授与年月日

1997-09-21

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / p1 (0006.jp2)
  3. 1 緒論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.1 背景 / p1 (0009.jp2)
  5. 1.2 フィルタバンクの応用と有効性 / p2 (0010.jp2)
  6. 1.3 本論文の構成 / p5 (0013.jp2)
  7. 第1章の参考文献 / p6 (0014.jp2)
  8. 2 マルチレートシステムとフィルタバンク / p8 (0016.jp2)
  9. 2.1 マルチレートシステム / p8 (0016.jp2)
  10. 2.2 等分割フィルタバンク / p13 (0021.jp2)
  11. 2.3 不等分割フィルタバンク / p24 (0032.jp2)
  12. 2.4 フィルタバンクの設計に関する従来の諸研究 / p28 (0036.jp2)
  13. 2.5 本論文の目的と概要 / p30 (0038.jp2)
  14. 2.6 まとめ / p32 (0040.jp2)
  15. 第2章の参考文献 / p33 (0041.jp2)
  16. 3 双直交フィルタバンクの設計 / p39 (0047.jp2)
  17. 3.1 はじめに / p39 (0047.jp2)
  18. 3.2 繰り返しを必要としない設計法 / p40 (0048.jp2)
  19. 3.3 緩和法を用いた設計法 / p48 (0056.jp2)
  20. 3.4 まとめ / p54 (0062.jp2)
  21. 第3章の参考文献 / p57 (0065.jp2)
  22. 4 直交フィルタバンクの設計とラティス構造 / p59 (0067.jp2)
  23. 4.1 はじめに / p59 (0067.jp2)
  24. 4.2 周波数領域における設計 / p60 (0068.jp2)
  25. 4.3 時間域における設計 / p64 (0072.jp2)
  26. 4.4 符号化利得 / p67 (0075.jp2)
  27. 4.5 ラティス構造 / p69 (0077.jp2)
  28. 4.6 ラティス構造のフィルタ長に対する一般化 / p74 (0082.jp2)
  29. 4.7 設計例 / p78 (0086.jp2)
  30. 4.8 疑似直交フィルタバンク / p82 (0090.jp2)
  31. 4.9 まとめ / p86 (0094.jp2)
  32. 第4章の参考文献 / p89 (0097.jp2)
  33. 5 不等分割フィルタバンクの設計とラティス構造 / p92 (0100.jp2)
  34. 5.1 はじめに / p92 (0100.jp2)
  35. 5.2 線形位相に対する必要条件の導出 / p93 (0101.jp2)
  36. 5.3 周波数域における設計法 / p99 (0107.jp2)
  37. 5.4 時間域による設計 / p101 (0109.jp2)
  38. 5.5 不等分割フィルタバンクのラティス構造 / p105 (0113.jp2)
  39. 5.6 設計例 / p108 (0116.jp2)
  40. 5.7 まとめ / p109 (0117.jp2)
  41. 第5章の参考文献 / p113 (0121.jp2)
  42. 6 結論 / p115 (0123.jp2)
  43. 謝辞 / p117 (0125.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151248
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068197
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315562
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ