【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ビスセンブラノイド型海洋天然物メチルサルコフィトエートの合成研究

この論文をさがす

著者

    • 安田, 実 ヤスダ, ミノル

書誌事項

タイトル

ビスセンブラノイド型海洋天然物メチルサルコフィトエートの合成研究

著者名

安田, 実

著者別名

ヤスダ, ミノル

学位授与大学

慶應義塾大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1578号

学位授与年月日

1997-09-21

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 緒論 / p1 (0005.jp2)
  4. 本論 / p8 (0009.jp2)
  5. 第一章 14員環化合物どうしのDiels-Alder反応 / p8 (0009.jp2)
  6. 第一節 概要 / p8 (0009.jp2)
  7. 第二節 モデル化合物27と28によるDiels-Alder反応 / p9 (0009.jp2)
  8. 第三節 モデル化合物28と29によるDiels-Alder反応 / p18 (0014.jp2)
  9. 第二章 アリル位置換反応を利用したテトラヒドロピラン環構築法の開発 / p20 (0015.jp2)
  10. 第一節 概要 / p20 (0015.jp2)
  11. 第二節 環化前駆体の合成 / p23 (0016.jp2)
  12. 第三節 アリル位置換反応を利用したテトラヒドロピラン環の構築 / p24 (0017.jp2)
  13. 第三章 メチルサルコフィトエート(3)のジエン部分7に対する基礎研究 / p30 (0020.jp2)
  14. 第一節 化合物7の合成計画 / p30 (0020.jp2)
  15. 第二節 ケトン53の合成 / p32 (0021.jp2)
  16. 第三節 アルデヒド54の合成 / p33 (0021.jp2)
  17. 第四節 ジオール71aと72aからのジヒドロピラン環の構築反応の検討 / p34 (0022.jp2)
  18. 第五節 水酸基のマイケル付加によるテトラヒドロピラン環の構築 / p39 (0024.jp2)
  19. 第六節 熱力学的に安定なエノールトリフラートを経る86の合成 / p42 (0026.jp2)
  20. 第七節 エン反応による14員環環化反応の検討 / p45 (0027.jp2)
  21. 第八節 改良Ito-Kodama法による環化の検討(ハイブリッドなアニオン化剤の開発) / p50 (0030.jp2)
  22. 第四章 メチルサルコフィトエート(3)のジエン部分7の合成 / p56 (0033.jp2)
  23. 第一節 化合物73と74の還元の検討 / p56 (0033.jp2)
  24. 第二節 14員環環化体105の合成 / p59 (0034.jp2)
  25. 第三節 化合物7の合成 / p62 (0036.jp2)
  26. 総括 / p65 (0037.jp2)
  27. 実験編 / p66 (0038.jp2)
  28. 謝辞 / p128 (0069.jp2)
  29. 参考文献 / p129 (0069.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151249
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068198
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315563
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ