【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ダッタンそば由来ルチン分解酵素の性状および応用に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 安田, 俊隆 ヤスダ, トシタカ

書誌事項

タイトル

ダッタンそば由来ルチン分解酵素の性状および応用に関する研究

著者名

安田, 俊隆

著者別名

ヤスダ, トシタカ

学位授与大学

千葉大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

乙第1865号

学位授与年月日

1997-09-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 緒論 / p9 (0011.jp2)
  3. 第一章 各種そばに含まれるルチン含有量およびルチン分解活性の比較 / p17 (0019.jp2)
  4. <序論> / p17 (0019.jp2)
  5. <実験材料および実験方法> / p19 (0021.jp2)
  6. <実験結果> / p23 (0025.jp2)
  7. <考察> / p42 (0044.jp2)
  8. <要約> / p48 (0050.jp2)
  9. 第二章 ダッタンそば由来ルチン分解酵素の精製 / p50 (0052.jp2)
  10. <序論> / p50 (0052.jp2)
  11. <実験方法> / p51 (0053.jp2)
  12. <実験結果> / p57 (0059.jp2)
  13. <考察> / p72 (0074.jp2)
  14. <要約> / p78 (0080.jp2)
  15. 第三章 水溶性有機溶媒共存下におけるルチン分解酵素のルチン分解活性および反応生成物の解析 / p80 (0082.jp2)
  16. <序論> / p80 (0082.jp2)
  17. <実験方法> / p82 (0084.jp2)
  18. <実験結果> / p85 (0087.jp2)
  19. <考察> / p106 (0108.jp2)
  20. <要約> / p110 (0112.jp2)
  21. 第四章 難水溶性アルコール共存下でのルチン分解酵素反応 / p112 (0114.jp2)
  22. <序論> / p112 (0114.jp2)
  23. <実験方法> / p113 (0115.jp2)
  24. <実験結果> / p118 (0120.jp2)
  25. <考察> / p128 (0130.jp2)
  26. <要約> / p130 (0132.jp2)
  27. 第五章 グリセリンおよびヒドロキノン共存下でのルチン分解反応生成物の解析と機能性 / p132 (0134.jp2)
  28. <序論> / p132 (0134.jp2)
  29. <実験方法> / p135 (0137.jp2)
  30. <実験結果> / p142 (0144.jp2)
  31. <考察> / p170 (0172.jp2)
  32. <要約> / p174 (0176.jp2)
  33. 総合考察 / p177 (0179.jp2)
  34. 謝辞 / p188 (0190.jp2)
  35. 文献 / p189 (0191.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151544
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068489
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315858
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ