【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

脳内エネルギー代謝を指標とした向知能薬の薬理学的研究

この論文をさがす

著者

    • 中山, 敬博 ナカヤマ, タカヒロ

書誌事項

タイトル

脳内エネルギー代謝を指標とした向知能薬の薬理学的研究

著者名

中山, 敬博

著者別名

ナカヤマ, タカヒロ

学位授与大学

京都大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第9686号

学位授与年月日

1997-09-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 目次 / (0004.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0005.jp2)
  4. 第一章 老齢ラットおよび前脳基底部破壊ラットの脳内エネルギー代謝変化 / p5 (0007.jp2)
  5. 第一節 加齢による脳内エネルギー代謝変化 / p5 (0007.jp2)
  6. 第二節 アセチルコリンエステラーゼ阻害薬の影響と記憶学習障害改善作用 / p5 (0007.jp2)
  7. 第三節 神経ホルモンTRH製剤の影響 / p6 (0008.jp2)
  8. 第四節 前脳基底部破壊ラットの脳内エネルギー代謝変化 / p7 (0008.jp2)
  9. 第五節 老齢ラットおよび前脳基底部破壊ラットの脳内エネルギー代謝変化に対するイデベノンの影響 / p7 (0008.jp2)
  10. 考察と総括 / p8 (0009.jp2)
  11. 第二章 脳血管障害モデルラットSHRSPおよび4血管閉塞ラットの脳内エネルギー代謝変化 / p32 (0021.jp2)
  12. 第一節 SHRSPの脳内エネルギー代謝変化 / p32 (0021.jp2)
  13. 第二節 中枢性カルシウム拮抗薬の影響 / p32 (0021.jp2)
  14. 第三節 4血管閉塞モデルラットの脳内エネルギー代謝変化 / p33 (0021.jp2)
  15. 第四節 抗酸化剤の影響 / p34 (0022.jp2)
  16. 考察と総括 / p34 (0022.jp2)
  17. 第三章 遺伝的運動失調モデルマウスRolling mouse Nagoyaの脳内エネルギー代謝変化と神経ホルモンTRHの効果 / p54 (0032.jp2)
  18. 第一節 Rolling mouse Nagoya(RMN)の脳内エネルギー代謝変化 / p54 (0032.jp2)
  19. 第二節 RMNの脳内内因性TRH濃度 / p54 (0032.jp2)
  20. 第三節 酒石酸TRHのRMNの脳内エネルギー代謝変化に対する影響 / p54 (0032.jp2)
  21. 考察と総括 / p54 (0032.jp2)
  22. 実験の部 / p60 (0035.jp2)
  23. 結語 / p65 (0037.jp2)
  24. 謝辞 / p66 (0038.jp2)
  25. 引用文献 / p67 (0038.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151577
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068522
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315891
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ