【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

エンドウのフェニルアラニンアンモニアリアーゼ遺伝子の発現制御機構の解析

この論文をさがす

著者

    • 村上, 泰弘 ムラカミ, ヤスヒロ

書誌事項

タイトル

エンドウのフェニルアラニンアンモニアリアーゼ遺伝子の発現制御機構の解析

著者名

村上, 泰弘

著者別名

ムラカミ, ヤスヒロ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士 (学術)

学位授与番号

乙第3155号

学位授与年月日

1997-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第一章 緒論 / p1 (0005.jp2)
  3. 第二章 エリシターによる活性化に必要なシスニレメント / p6 (0010.jp2)
  4. 第一節 材料および方法 / p7 (0011.jp2)
  5. 第一項 プラスミドの構築 / p7 (0011.jp2)
  6. 第二項 Mycosphaerella pinodesからのエリシター及ブサプレッサーの調整 / p9 (0013.jp2)
  7. 第三項 トランジェントアッセイ / p10 (0014.jp2)
  8. 第二節 PSPAL1プロモーターのBox I、Box IIあるいはBox IV欠損変異プロモーターのエリシター応答性 / p12 (0016.jp2)
  9. 第三節 PSPAL2プロモーターのBox I、Box IIあるいはBox IV欠損変異プロモーターのエリシター応答性 / p13 (0017.jp2)
  10. 第四節 Box IIあるいはBox IVが重複したDNA断片を含むキメラPSPAL1プロモーターのエリシター応答性 / p14 (0018.jp2)
  11. 第五節 考察 / p16 (0020.jp2)
  12. 第三章 UVによる活性化におけるBox I、Box IIとBox IVの役割 / p18 (0022.jp2)
  13. 第一節 材料および方法 / p18 (0022.jp2)
  14. 第二節 PSPAL1プロモーターのBox I、Box IIあるいはBox IV欠損変異プロモーターのUV応答性 / p19 (0023.jp2)
  15. 第三節 Box IIあるいはBox IVが重複したDNA断片を含むキメラPSPAL1プロモーターのUV応答性 / p20 (0024.jp2)
  16. 第四節 考察 / p20 (0024.jp2)
  17. 第四章 PSPAL1プロモーターのサプレッサー応答性 / p22 (0026.jp2)
  18. 第一節 材料および方法 / p23 (0027.jp2)
  19. 第二節 サプレッサーによる不活性化に対するBox I、Box IIあるいはBox IVの役割 / p24 (0028.jp2)
  20. 第三節 サプレッサーのUV誘導に対する影響 / p25 (0029.jp2)
  21. 第四節 非宿主植物におけるPSPAL1プロモーターのサプレッサー応答性 / p25 (0029.jp2)
  22. 第五節 考察 / p26 (0030.jp2)
  23. 第五章 Box Iホモ口グに結合する卜ウモ口コシP遺伝子とBox IIホモ口グに結合するパセリBPF-1遺伝子の工ンドウでの発現様式 / p28 (0032.jp2)
  24. 第一節 材料および方法 / p29 (0033.jp2)
  25. 第一項 RNAの袖出 / p29 (0033.jp2)
  26. 第二項 プ口ーブの調製 / p31 (0035.jp2)
  27. 第三項 ブロッティングとハイブリダイゼーション / p31 (0035.jp2)
  28. 第二節 エリシター処理したエンドウ胚軸におけるP遺伝子とBPF-1の発現 / p34 (0038.jp2)
  29. 第三節 考察 / p34 (0038.jp2)
  30. 第六章 卜ウモ口コシP遺伝子あるいはパセリBPF-1遺伝子によるPSPAL1プロモーターの活性化 / p36 (0040.jp2)
  31. 第一節 材料および方法 / p36 (0040.jp2)
  32. 第一項 プラスミドの構築 / p36 (0040.jp2)
  33. 第二項 トランジェントアッセイ / p37 (0041.jp2)
  34. 第二節 エンドウでのP遺伝子あるいはBPF-1の過剰発現に対するPSPAL1-CAT-nos発現の影響 / p39 (0043.jp2)
  35. 第三節 考察 / p39 (0043.jp2)
  36. 第七章 総合考察 / p41 (0045.jp2)
  37. 謝辞 / (0050.jp2)
  38. 参考論文 / (0051.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151635
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068579
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000315949
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ