【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

高分子量ポリエステル樹脂に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 瀧山, 榮一郎 タキヤマ, エイイチロウ

書誌事項

タイトル

高分子量ポリエステル樹脂に関する研究

著者名

瀧山, 榮一郎

著者別名

タキヤマ, エイイチロウ

学位授与大学

山形大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第414号

学位授与年月日

1997-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0009.jp2)
  3. 第1節 ポリエステルの定義 / p4 (0012.jp2)
  4. 第2節 ポリエステル樹脂とは / p7 (0015.jp2)
  5. 第3節 ポリエステル樹脂の種類 / p13 (0021.jp2)
  6. 第1項 生産量推移 / p13 (0021.jp2)
  7. 第2項 用途例 / p13 (0021.jp2)
  8. 第4節 高分子量の必要性 / p19 (0027.jp2)
  9. 第5節 高分子量化の利点 / p20 (0028.jp2)
  10. 第6節 樹脂の製造方法 / p21 (0029.jp2)
  11. ポリエステル樹脂 / p21 (0029.jp2)
  12. 第7節 分子量に限界を生ずる理由 / p23 (0031.jp2)
  13. 第1項 重縮合の特徴 / p23 (0031.jp2)
  14. 第2項 末端基と分子量 / p25 (0033.jp2)
  15. 第3項 ゲル化 / p27 (0035.jp2)
  16. 引用文献 / p28 (0036.jp2)
  17. 第2章 高分子量ポリエステルの分子量とその分布 / p29 (0037.jp2)
  18. 第1節 緒言 / p29 (0037.jp2)
  19. 第2節 実験 / p29 (0037.jp2)
  20. 第1項 使用原料 / p29 (0037.jp2)
  21. 第2項 重縮合 / p29 (0037.jp2)
  22. 第3項 分子量測定 / p30 (0038.jp2)
  23. 第3節 実験結果 / p30 (0038.jp2)
  24. 第1項 反応時間とポリマーの分子量 / p30 (0038.jp2)
  25. 第2項 分子量分布 / p33 (0041.jp2)
  26. 第4節 考察 / p39 (0047.jp2)
  27. 第1項 枝分かれ構造の発生 / p39 (0047.jp2)
  28. 第2項 [化学式]/[化学式]の値 / p41 (0049.jp2)
  29. 第5節 結論 / p42 (0050.jp2)
  30. 引用文献 / p46 (0054.jp2)
  31. 第3章 高分子量ポリエステルの合成触媒 / p47 (0055.jp2)
  32. 第1節 緒言 / p47 (0055.jp2)
  33. 第2節 触媒の種類と作用機構 / p47 (0055.jp2)
  34. 第3節 実験および結果 / p52 (0060.jp2)
  35. 第1項 使用原料 / p52 (0060.jp2)
  36. 第2項 分子量測定方法 / p52 (0060.jp2)
  37. 第3項 HUP合成例 / p53 (0061.jp2)
  38. 第4項 金属のレキート化合物を触媒に用いたHUPの合成 / p53 (0061.jp2)
  39. 第5項 三酸化アンチモンを触媒に用いた場合 / p53 (0061.jp2)
  40. 第4節 考察 / p58 (0066.jp2)
  41. 第1項 [化学式]/[化学式]の意味するもの / p61 (0069.jp2)
  42. 第2項 金属の有機酸塩とキレートとの比較例 / p61 (0069.jp2)
  43. 第5節 結論 / p64 (0072.jp2)
  44. 引用文献 / p64 (0072.jp2)
  45. 第4章 高分子量ポリエステルの合成の安定剤 / p65 (0073.jp2)
  46. 第1節 緒言 / p65 (0073.jp2)
  47. 第2節 ポリエステルの安定剤 / p67 (0075.jp2)
  48. 第3節 実験および結果 / p67 (0075.jp2)
  49. 第1項 使用原料 / p67 (0075.jp2)
  50. 第2項 分子量測定 / p68 (0076.jp2)
  51. 第3項 UPの合成 / p70 (0078.jp2)
  52. 第4項 重合禁止剤を変えたHUPの合成とその分子量 / p70 (0078.jp2)
  53. 第5項 ヒドロキノンとフェノチアジンの比較 / p70 (0078.jp2)
  54. 第4節 結果と考察 / p71 (0079.jp2)
  55. 第1項 安定剤としての亜リン酸の効果 / p71 (0079.jp2)
  56. 第2項 触媒の種類と亜リン酸併用の効果 / p75 (0083.jp2)
  57. 第3項 亜リン酸の効果の再確認 / p75 (0083.jp2)
  58. 第4項 硬化反応 / p78 (0086.jp2)
  59. 第5項 生成ポリエステルの物性 / p78 (0086.jp2)
  60. 第5節 結論 / p78 (0086.jp2)
  61. 引用文献 / p82 (0090.jp2)
  62. 第5章 分子量に及ぼすポリエステルの構造と反応温度 / p83 (0091.jp2)
  63. 第1節 緒言 / p83 (0091.jp2)
  64. 第2節 分岐構造発生の原因 / p83 (0091.jp2)
  65. 第1項 使用原料の影響 / p83 (0091.jp2)
  66. 第2項 不飽和基濃度の影響 / p84 (0092.jp2)
  67. 第3項 グリコールの種類の影響 / p84 (0092.jp2)
  68. 第3節 実験および結果 / p88 (0096.jp2)
  69. 第1項 使用原料 / p88 (0096.jp2)
  70. 第2項 分子量測定 / p88 (0096.jp2)
  71. 第3項 グリコールの種類とHUPの配合 / p89 (0097.jp2)
  72. 第4項 反応温度の影響 / p101 (0109.jp2)
  73. 第4節 考察 / p101 (0109.jp2)
  74. 第5節 結論 / p103 (0111.jp2)
  75. 引用文献 / p103 (0111.jp2)
  76. 第6章 高分子量ポリエステル樹脂の分子量とその物性 / p104 (0112.jp2)
  77. 第1節 緒言 / p104 (0112.jp2)
  78. 第2節 実験および結果 / p104 (0112.jp2)
  79. 第1項 使用原料 / p104 (0112.jp2)
  80. 第2項 分子量測定 / p105 (0113.jp2)
  81. 第3項 HUPの合成 / p106 (0114.jp2)
  82. 第4項 液状樹脂の性質 / p107 (0115.jp2)
  83. 第5項 硬化樹脂の物性 / p107 (0115.jp2)
  84. 第3節 考察 / p120 (0128.jp2)
  85. 第1項 架橋点の数が物性に与える影響 / p120 (0128.jp2)
  86. 第2項 硬化性 / p125 (0133.jp2)
  87. 第3項 耐水性に及ぼす影響 / p125 (0133.jp2)
  88. 第4節 結論 / p131 (0139.jp2)
  89. 第1項 物性の向上 / p131 (0139.jp2)
  90. 第2項 耐水性のレベルアップ / p131 (0139.jp2)
  91. 引用文献 / p131 (0139.jp2)
  92. 第7章 高分子量ポリエステル樹脂の末端基種類と粒子複合材料の性質 / p132 (0140.jp2)
  93. 第1節 緒言 / p132 (0140.jp2)
  94. 第2節 実験および結果 / p133 (0141.jp2)
  95. 第1項 試料の調整 / p133 (0141.jp2)
  96. 第2項 使用原料 / p134 (0142.jp2)
  97. 第3項 分子量測定 / p135 (0143.jp2)
  98. 第4項 HUP-F,HUP-Gの合成 / p136 (0144.jp2)
  99. 第5項 末端基処理例 / p136 (0144.jp2)
  100. 第6項 フィラー混合サンプルの調整 / p137 (0145.jp2)
  101. 第3節 粘度の測定 / p139 (0147.jp2)
  102. 第1項 シリカ粉末をフィラーに用いた場合 / p139 (0147.jp2)
  103. 第2項 水酸化アルミニウムをフィラーに用いた場合 / p139 (0147.jp2)
  104. 第3項 炭酸カルシウムをフィラーに用いた場合 / p139 (0147.jp2)
  105. 第4節 機械的性質 / p151 (0159.jp2)
  106. 第1項 曲げ強さ / p151 (0159.jp2)
  107. 第2項 引張り強さ / p151 (0159.jp2)
  108. 第3項 伸び率 / p151 (0159.jp2)
  109. 第4項 弾性率 / p157 (0165.jp2)
  110. 第5節 考察 / p157 (0165.jp2)
  111. 第1項 末端基とフィラーの相互作用 / p157 (0165.jp2)
  112. 第2項 粘度と曲げ強さ / p158 (0166.jp2)
  113. 第3項 分子量、末端基、粘度との関係 / p158 (0166.jp2)
  114. 第4項 引張り強さ / p158 (0166.jp2)
  115. 第5項 伸び率 / p159 (0167.jp2)
  116. 第6項 引張り弾性率 / p159 (0167.jp2)
  117. 第6節 結論 / p159 (0167.jp2)
  118. 引用文献 / p160 (0168.jp2)
  119. 第8章 高分子量ポリエステル樹脂の末端基種類と金属酸化物、金属水酸化物の併用による増粘効果 / p161 (0169.jp2)
  120. 第1節 緒言 / p161 (0169.jp2)
  121. 第2節 実験および結果 / p162 (0170.jp2)
  122. 第1頃 酸無水物による末端基の変換モデル / p162 (0170.jp2)
  123. 第2項 使用原料 / p163 (0171.jp2)
  124. 第3項 水分量の調節 / p164 (0172.jp2)
  125. 第4項 分子量測定 / p164 (0172.jp2)
  126. 第5項 HUP-H,HUP-Iの合成 / p165 (0173.jp2)
  127. 第6項 末端基処理例 / p166 (0174.jp2)
  128. 第7項 粘度測定法 / p166 (0174.jp2)
  129. 第8項 供試サンプル / p166 (0174.jp2)
  130. 第9項 粘度変化(増粘剤のみの場合) / p168 (0176.jp2)
  131. 第10項 増粘剤とフィラーの組合せ / p168 (0176.jp2)
  132. 第3節 結果の再確認 / p168 (0176.jp2)
  133. 第1項 水分の影響 / p179 (0187.jp2)
  134. 第2項 マグネシア使用の場合 / p179 (0187.jp2)
  135. 第3項 水酸化マグネシウム利用の場合 / p179 (0187.jp2)
  136. 第4項 酸化亜鉛使用の場合 / p179 (0187.jp2)
  137. 第5項 水酸化カルシウム使用の場合 / p179 (0187.jp2)
  138. 第6項 大きな粘度変化の見られた系 / p179 (0187.jp2)
  139. 第4節 考察 / p183 (0191.jp2)
  140. 第1項 HUPと増粘剤、水分の有無 / p183 (0191.jp2)
  141. 第2項 フィラーを併用した系 / p184 (0192.jp2)
  142. 第5節 結論 / p184 (0192.jp2)
  143. 引用文献 / p185 (0193.jp2)
  144. 第9章 総括 / p186 (0194.jp2)
  145. 発表論文 / p189 (0197.jp2)
  146. 謝辞 / p191 (0199.jp2)
7アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151656
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068599
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000315970
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ