【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

鉄鋼分析を主とするカソーディックストリッピングボルタンメトリーの研究

この論文をさがす

著者

    • 石山, 高 イシヤマ, タカシ

書誌事項

タイトル

鉄鋼分析を主とするカソーディックストリッピングボルタンメトリーの研究

著者名

石山, 高

著者別名

イシヤマ, タカシ

学位授与大学

東京理科大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第300号

学位授与年月日

1997-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 総論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1・1 鉄鋼材料の分析技術 / p1 (0007.jp2)
  4. 1・2 本研究の意義 / p3 (0009.jp2)
  5. 1・3 ストリッピングボルタンメトリー / p8 (0014.jp2)
  6. 1・4 本研究の概要 / p18 (0024.jp2)
  7. 引用文献 / p25 (0031.jp2)
  8. 第2章 本研究で用いた装置と試薬 / p28 (0034.jp2)
  9. 2・1 装置 / p28 (0034.jp2)
  10. 2・2 試薬 / p30 (0036.jp2)
  11. 引用文献 / p32 (0038.jp2)
  12. 第3章 鉄鋼中のマンガンの定量 / p33 (0039.jp2)
  13. 3・1 緒言 / p33 (0039.jp2)
  14. 3・2 実験方法 / p34 (0040.jp2)
  15. 3・3 電解液と作用電極の選択 / p34 (0040.jp2)
  16. 3・4 鉄共存下で作成した検量線を用いる方法(A法) / p35 (0041.jp2)
  17. 3・5 鉄を含まないマンガン標準溶液で作成した検量線を用いる方法(B法) / p47 (0053.jp2)
  18. 3・6 共存元素の影響 / p49 (0055.jp2)
  19. 3・7 鉄鋼中マンガンの定量結果 / p49 (0055.jp2)
  20. 3・8 結論 / p50 (0056.jp2)
  21. 引用文献 / p52 (0058.jp2)
  22. 第4章 鉄鋼中のセレンの定量 / p54 (0060.jp2)
  23. 4・1 緒言 / p54 (0060.jp2)
  24. 4・2 操作条件の最適化 / p55 (0061.jp2)
  25. 4・3 鉄鋼中セレンの定量 / p66 (0072.jp2)
  26. 4・4 結論 / p80 (0086.jp2)
  27. 引用文献 / p84 (0090.jp2)
  28. 第5章 鉄鋼中の硫黄の定量 / p86 (0092.jp2)
  29. 5・1 緒言 / p86 (0092.jp2)
  30. 5・2 基礎的検討 / p87 (0093.jp2)
  31. 5・3 鉄鋼中硫黄の定量 / p97 (0103.jp2)
  32. 5・4 結論 / p111 (0117.jp2)
  33. 引用文献 / p111 (0117.jp2)
  34. 第6章 銅中の鉛の定量 / p113 (0119.jp2)
  35. 6・1 緒言 / p113 (0119.jp2)
  36. 6・2 実験方法 / p113 (0119.jp2)
  37. 6・3 操作条件の最適化 / p114 (0120.jp2)
  38. 6・4 銅中鉛の定量 / p118 (0124.jp2)
  39. 6・5 結論 / p121 (0127.jp2)
  40. 引用文献 / p122 (0128.jp2)
  41. 第7章 総括と展望 / p123 (0129.jp2)
  42. 7・1 最適実験条件 / p123 (0129.jp2)
  43. 7・2 総括と展望 / p123 (0129.jp2)
  44. 本論文に関する発表報文 / p127 (0133.jp2)
  45. 謝辞 / p129 (0135.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151712
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068655
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316026
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ