【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

小標本によるWeibull母数の推定法の研究

この論文をさがす

著者

    • 関, 哲朗 セキ, テツロウ

書誌事項

タイトル

小標本によるWeibull母数の推定法の研究

著者名

関, 哲朗

著者別名

セキ, テツロウ

学位授与大学

東京理科大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第489号

学位授与年月日

1996-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p2 (0008.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的と概要 / p5 (0011.jp2)
  5. 1.3 Weibull分布と二重指数分布の関係 / p7 (0013.jp2)
  6. 1.4 Weibull母数の推定法 / p9 (0015.jp2)
  7. 1.5 推定量を評価するための指標 / p16 (0022.jp2)
  8. 参考文献 / p20 (0026.jp2)
  9. 2 既往の研究によるWeibull母数の推定量の小標本の下での性質 / p22 (0028.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p23 (0029.jp2)
  11. 2.2 推定量の評価 / p25 (0031.jp2)
  12. 2.3 結言 / p36 (0042.jp2)
  13. 参考文献 / p38 (0044.jp2)
  14. 3 Bootstrap法を援用した完全データからのWeibull母数の推定 / p39 (0045.jp2)
  15. 3.1 緒言 / p40 (0046.jp2)
  16. 3.2 順序統計量にもとづく推定法 / p41 (0047.jp2)
  17. 3.3 Bootstrap法を援用した順序統計量の期待値の推定 / p46 (0052.jp2)
  18. 3.4 Bootstrap法を援用した推定法 / p48 (0054.jp2)
  19. 3.5 推定量の評価 / p51 (0057.jp2)
  20. 3.6 結言 / p57 (0063.jp2)
  21. 参考文献 / p58 (0064.jp2)
  22. 4 Bootstrap法を援用した計画的打切りデータからのWeibull母数の推定 / p59 (0065.jp2)
  23. 4.1 緒言 / p60 (0066.jp2)
  24. 4.2 Bootstrap推定量を用いた推定法 / p61 (0067.jp2)
  25. 4.3 推定量の評価 / p62 (0068.jp2)
  26. 4.4 結言 / p71 (0077.jp2)
  27. 参考文献 / p72 (0078.jp2)
  28. 5 小標本における異質データの検出とその除去後のデータによるWeibull母数の推定 / p73 (0079.jp2)
  29. 5.1 緒言 / p74 (0080.jp2)
  30. 5.2 検定統計量 / p75 (0081.jp2)
  31. 5.3 検定の手順 / p79 (0085.jp2)
  32. 5.4 有意点の導出 / p81 (0087.jp2)
  33. 5.5 検出力の検討 / p83 (0089.jp2)
  34. 5.6 便宜的な異質データ検出の手続き / p87 (0093.jp2)
  35. 5.7 異質データの除去を伴う母数の推定 / p91 (0097.jp2)
  36. 5.8 結言 / p104 (0110.jp2)
  37. 参考文献 / p105 (0111.jp2)
  38. 6 結論 / p107 (0113.jp2)
  39. 謝辞 / p111 (0117.jp2)
  40. 付録1 / (0120.jp2)
  41. A 順序統計量にもとづく推定のための係数 / p2 (0121.jp2)
  42. B Bootstrap推定のための係数 / p4 (0123.jp2)
  43. B.1 形状母数の場合 / p5 (0124.jp2)
  44. B.2 尺度母数の場合 / p6 (0125.jp2)
  45. C 異質データ検出のための有意点 / p7 (0126.jp2)
  46. C.1 母標準偏差未知の場合 / p8 (0127.jp2)
  47. C.2 母標準偏差既知の場合 / p12 (0131.jp2)
  48. D 数値実験による母数の推定精度 / p16 (0135.jp2)
  49. D.1 完全データで異質データを含まない場合 / p17 (0136.jp2)
  50. D.2 完全データで異質データを含む場合 / p21 (0140.jp2)
  51. D.3 打切りデータの場合 / p23 (0142.jp2)
  52. D.4 打切りデータに二段階推定法を適用した場合 / p25 (0144.jp2)
  53. E 数値実験に使用した乱数について / p27 (0146.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151737
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068680
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316051
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ