【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

集団意思決定場面における連合 (coalition) による多数派形成行動に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 山口, 裕幸 ヤマグチ, ヒロユキ

書誌事項

タイトル

集団意思決定場面における連合 (coalition) による多数派形成行動に関する研究

著者名

山口, 裕幸

著者別名

ヤマグチ, ヒロユキ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (教育心理学)

学位授与番号

乙第6490号

学位授与年月日

1997-07-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 本研究の目的 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.本研究が焦点をあてた集団意思決定場面 / p1 (0005.jp2)
  4. 2.本研究がめざしたこと / p5 (0009.jp2)
  5. 3.本研究で明らかにすること / p6 (0010.jp2)
  6. 4.本章のまとめ:本研究の集団過程研究における位置づけと特徴 / p9 (0013.jp2)
  7. 第2章 連合による多数派形成場面における当事者の心理と交渉行動の特性 / p15 (0019.jp2)
  8. 1.問題 / p15 (0019.jp2)
  9. 2.課題状況と実験手続き / p22 (0026.jp2)
  10. 3.実験1:対照的な二つの位相の入れ替わりをもたらす変数《交渉形式の影響》 / p24 (0028.jp2)
  11. 4.実験2:対照的な二つの位相における連合交渉行動の特性I《将来の事態予測の影響》 / p27 (0031.jp2)
  12. 5.実験3:対照的な二つの位相における連合交渉行動の特性II《序列競争における地位の違いの影響》 / p33 (0037.jp2)
  13. 6.実験4:対照的な二つの位相における連合交渉行動の特性III《威嚇戦術の使用可能性の影響》 / p39 (0043.jp2)
  14. 7.本章のまとめ / p43 (0047.jp2)
  15. 第3章 連合による多数派形成行動の時系列変動の様相 / p47 (0051.jp2)
  16. 1.問題 / p47 (0051.jp2)
  17. 2.課題状況と実験手続き / p52 (0056.jp2)
  18. 3.実験5:多数派形成行動の時系列変動の様相I《当事者間の競争における優劣関係が一定の状況》 / p54 (0058.jp2)
  19. 4.実験6:多数派形成行動の時系列変動の様相II《当事者間の競争の優劣関係が変化する状況》 / p60 (0064.jp2)
  20. 5.実験7:連合による多数派形成行動の時系列変動に関する数理モデル / p65 (0069.jp2)
  21. 6.本章のまとめ / p71 (0075.jp2)
  22. 第4章 全体連合の形成行動を促進する要因 / p76 (0080.jp2)
  23. 1.問題 / p76 (0080.jp2)
  24. 2.課題状況と実験手続き / p80 (0084.jp2)
  25. 3.実験8:「考慮視野の広がり」と全体連合を促進する条件I《他集団との競争意識の顕在化》 / p80 (0084.jp2)
  26. 4.実験9:「考慮視野の広がり」と全体連合を促進する条件II《集団内の相互依存意識の高低》 / p88 (0092.jp2)
  27. 5.本章のまとめ / p94 (0098.jp2)
  28. 第5章 総合的考察と結論 / p98 (0102.jp2)
  29. 1.本研究で得られた知見に基づく総合的考察 / p98 (0102.jp2)
  30. 2.本研究の知見に基づく若干のIMPLICATIONS / p104 (0108.jp2)
  31. 3.本研究の制約と今後の課題 / p108 (0112.jp2)
  32. 引用文献 / p110 (0114.jp2)
  33. あとがき / p118 (0122.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151805
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068742
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316119
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ