【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

中枢におけるアデノシンの役割に関する神経化学的研究

この論文をさがす

著者

    • 黒川, 昌子 クロカワ, マサコ

書誌事項

タイトル

中枢におけるアデノシンの役割に関する神経化学的研究

著者名

黒川, 昌子

著者別名

クロカワ, マサコ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第6493号

学位授与年月日

1997-07-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 アデノシンA₁受容体の受動回避学習行動における役割 / p3 (0007.jp2)
  4. 1-1 実験材料ならびに実験方法 / p5 (0008.jp2)
  5. 1-2 結果 / p2 (0010.jp2)
  6. 1-3 考察 / p11 (0011.jp2)
  7. 1-4 小括 / p12 (0012.jp2)
  8. 第2章 アデノシンA₁受容体の大脳皮質アセチルコリン遊離における役割 / p13 (0012.jp2)
  9. 2-1 実験材料ならびに実験方法 / p14 (0013.jp2)
  10. 2-2 結果 / p16 (0014.jp2)
  11. 2-3 考察 / p23 (0017.jp2)
  12. 2-4 小括 / p25 (0018.jp2)
  13. 第3章 アデノシンA₂受容体の6-OHDA破壊ラット回転行動における役割 / p26 (0019.jp2)
  14. 3-1 実験材料ならびに実験方法 / p28 (0020.jp2)
  15. 3-2 結果 / p31 (0021.jp2)
  16. 3-3 考察 / p41 (0026.jp2)
  17. 3-4 小括 / p43 (0027.jp2)
  18. 第4章 アデノシンA₂受容体の線条体神経伝達物質遊離における役割 / p44 (0028.jp2)
  19. 4-1 ドパミン遊離への影響 / p47 (0029.jp2)
  20. 4-2 GABA遊離への影響 / p53 (0032.jp2)
  21. 4-3 アセチルコリン遊離への影響 / p63 (0037.jp2)
  22. 4-4 in vivoアセチルコリン遊離への影響 / p78 (0045.jp2)
  23. 4-5 本章の総括的考察 / p92 (0052.jp2)
  24. 4-6 小括 / p94 (0053.jp2)
  25. 総括 / p95 (0053.jp2)
  26. 文献 / p98 (0055.jp2)
  27. 謝辞 / p106 (0059.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151808
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068745
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316122
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ