【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

食肉経済の時系列変動に関する計量経済学的研究

この論文をさがす

著者

    • 清水, 昂一 シミズ, コウイチ

書誌事項

タイトル

食肉経済の時系列変動に関する計量経済学的研究

著者名

清水, 昂一

著者別名

シミズ, コウイチ

学位授与大学

東京農業大学

取得学位

博士 (農業経済学)

学位授与番号

乙第633号

学位授与年月日

1996-12-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 課題と構成 / p1 (0011.jp2)
  3. 第1章 豚の周期変動分析 / p6 (0016.jp2)
  4. 第1節 背景と課題 / p6 (0016.jp2)
  5. 第2節 養豚生産の推移 / p7 (0017.jp2)
  6. 第3節 計測期間と計測方法 / p10 (0020.jp2)
  7. 1.計測期間と利用データ / p10 (0020.jp2)
  8. 2.周期の計測手法 / p11 (0021.jp2)
  9. 第4節 計測結果 / p13 (0023.jp2)
  10. 1.季節性と傾向変動 / p13 (0023.jp2)
  11. 2.周期の推定 / p15 (0025.jp2)
  12. 第5節 既存研究の周期変動との比較 / p22 (0032.jp2)
  13. 1.戦前の周期 / p22 (0032.jp2)
  14. 2.戦後の周期 / p26 (0036.jp2)
  15. 第6節 周期変動の変調―1970年以降の周期変動 / p27 (0037.jp2)
  16. 第7節 結果の考察 / p31 (0041.jp2)
  17. 第2章 豚の周期変動とその理論的背景 / p38 (0048.jp2)
  18. 第1節 背景と課題 / p38 (0048.jp2)
  19. 第2節 周期変動の形成要因 / p39 (0049.jp2)
  20. 第3節 生産構造の変化と自律的周期変動 / p42 (0052.jp2)
  21. 1.生産構造の変化 / p42 (0052.jp2)
  22. 2.自律的周期変動の吟味 / p44 (0054.jp2)
  23. 第4節 価格変動と供給反応 / p46 (0056.jp2)
  24. 第5節 周期変動の変調とその要因の考察 / p52 (0062.jp2)
  25. 第6節 結果の考察 / p57 (0067.jp2)
  26. 第3章 卸売市場における牛枝肉の規格間価格差 / p60 (0070.jp2)
  27. 第1節 背景と課題 / p60 (0070.jp2)
  28. 第2節 取引動向の概観および卸売市場の位置 / p61 (0071.jp2)
  29. 第3節 格付等級と肉質 / p66 (0076.jp2)
  30. 第4節 格付と価格変動および価格開差 / p69 (0079.jp2)
  31. 第5節 卸売市場における競争構造 / p76 (0086.jp2)
  32. 第6節 肉質間卸売価格と価格開差の形成 / p83 (0093.jp2)
  33. 第7節 結果の考察 / p92 (0102.jp2)
  34. 第4章 肉牛経済の時系列分析 / p97 (0107.jp2)
  35. 第1節 背景と課題 / p97 (0107.jp2)
  36. 第2節 主要指標における時系列変動の特徴 / p97 (0107.jp2)
  37. 第3節 周期モデルの吟味 / p105 (0115.jp2)
  38. 第4節 枝肉価格と生産量の関係 / p106 (0116.jp2)
  39. 第5節 和子牛価格と枝肉生産量変動の関係 / p111 (0121.jp2)
  40. 第6節 時系列回帰からみた傾向・循環変動及び季節変動の寄与 / p114 (0124.jp2)
  41. 第7節 結果の考察 / p115 (0125.jp2)
  42. 第5章 肉牛の周期変動分析 / p119 (0129.jp2)
  43. 第1節 背景と課題 / p119 (0129.jp2)
  44. 第2節 ビーフ・サイクルの既存研究 / p119 (0129.jp2)
  45. 第3節 牛肉供給の基本的調整ルート / p121 (0131.jp2)
  46. 第4節 周期解析 / p121 (0131.jp2)
  47. 1.シェスターの周期分析(1974年1月~1992年12月) / p121 (0131.jp2)
  48. 2.スペクトル分析(1968年1月~1992年12月) / p124 (0134.jp2)
  49. 第5節 スペクトル分析―2期間の比較― / p128 (0138.jp2)
  50. 第6節 結果の考察 / p139 (0149.jp2)
  51. 第6章 米国における牛肉生産構造 / p143 (0153.jp2)
  52. 第1節 背景と課題 / p143 (0153.jp2)
  53. 第2節 飼養頭数の長期動向 / p143 (0153.jp2)
  54. 1.長期動向 / p143 (0153.jp2)
  55. 2.生産変動の三つの局面 / p149 (0159.jp2)
  56. 第3節 飼養頭数の周期変動分析 / p150 (0160.jp2)
  57. 1.長期的周期変動 / p150 (0160.jp2)
  58. 2.1950年以降のビーフキャトル・サイクル / p154 (0164.jp2)
  59. 第4節 キャトル・バランスシート / p157 (0167.jp2)
  60. 第5節 データ利用の可能性と課題 / p161 (0171.jp2)
  61. 1.データ連続性の課題 / p161 (0171.jp2)
  62. 2.分析のための基本データ / p167 (0177.jp2)
  63. 第6節 構造方程式モデルの内容と推定結果 / p171 (0181.jp2)
  64. 1.モデルの構造 / p171 (0181.jp2)
  65. 2.推定結果 / p174 (0184.jp2)
  66. 第7節 結果の考察 / p181 (0191.jp2)
  67. 第7章 ブロイラーの価格推定 / p184 (0194.jp2)
  68. 第1節 背景と課題 / p184 (0194.jp2)
  69. 第2節 生産の動向と地域分化 / p185 (0195.jp2)
  70. 1.生産の動向と特徴 / p185 (0195.jp2)
  71. 2.地域分化とその要因 / p187 (0197.jp2)
  72. 第3節 価格変動の特徴 / p191 (0201.jp2)
  73. 1.生産費及び収益性 / p191 (0201.jp2)
  74. 2.季節変動 / p195 (0205.jp2)
  75. 3.需要形態の特徴 / p195 (0205.jp2)
  76. 第4節 価格推定モデルと推定結果 / p197 (0207.jp2)
  77. 1.重回帰モデル / p197 (0207.jp2)
  78. 2.自己回帰モデル / p203 (0213.jp2)
  79. 第5節 結果の考察 / p206 (0216.jp2)
  80. 終章 本研究の要約と結論 / p211 (0221.jp2)
  81. 補論 肉牛及び肉豚の地域間移動―グラビティ・モデルによる分析― / p218 (0228.jp2)
  82. 第1節 背景と課題 / p218 (0228.jp2)
  83. 第2節 豚及び肉牛の県外出荷動向 / p219 (0229.jp2)
  84. 第3節 分析の方法 / p224 (0234.jp2)
  85. 第4節 グラビティ・モデルによる計測結果 / p227 (0237.jp2)
  86. 第5節 結果の考察 / p235 (0245.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000151916
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068844
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316230
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ