【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

大気環境中における硫黄酸化物および窒素酸化物の動態に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 竹中, 規訓 タケナカ, ノリミチ

書誌事項

タイトル

大気環境中における硫黄酸化物および窒素酸化物の動態に関する研究

著者名

竹中, 規訓

著者別名

タケナカ, ノリミチ

学位授与大学

大阪府立大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第914号

学位授与年月日

1997-10-31

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1.はじめに / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2.環境の酸性化 / p5 (0007.jp2)
  5. 1.3.化学発光法による大気汚染物質の測定 / p13 (0011.jp2)
  6. 1.4.水溶液の凍結 / p17 (0013.jp2)
  7. 第2章 化学発光法による二酸化硫黄の定量法の開発 / p25 (0017.jp2)
  8. 2.1.序論 / p25 (0017.jp2)
  9. 2.2.実験 / p27 (0018.jp2)
  10. 2.3.結果および考察 / p32 (0021.jp2)
  11. 2.4.引用文献 / p44 (0027.jp2)
  12. 第3章 大気中におけるRO₂ラジカルの測定 / p49 (0029.jp2)
  13. 3.1.序論 / p49 (0029.jp2)
  14. 3.2.理論 / p51 (0030.jp2)
  15. 3.3.実験 / p54 (0032.jp2)
  16. 3.4.結果と考察 / p60 (0035.jp2)
  17. 3.5.野外におけるRO₂・濃度測定 / p74 (0042.jp2)
  18. 3.6.スモッグチャンバー実験 / p77 (0043.jp2)
  19. 3.7.引用文献 / p83 (0046.jp2)
  20. 第4章 凍結による亜硝酸と溶存酸素の反応の促進 / p86 (0048.jp2)
  21. 4.1.序論 / p86 (0048.jp2)
  22. 4.2.実験 / p89 (0049.jp2)
  23. 4.3.結果および考察 / p95 (0052.jp2)
  24. 4.4.結論 / p130 (0070.jp2)
  25. 4.5.引用文献 / p131 (0070.jp2)
  26. 第5章 環境中における凍結による亜硝酸と溶存酸素の反応 / p136 (0073.jp2)
  27. 5.1.序論 / p136 (0073.jp2)
  28. 5.2.実験 / p139 (0074.jp2)
  29. 5.3.結果と考察 / p142 (0076.jp2)
  30. 5.4.引用文献 / p155 (0082.jp2)
  31. 第6章 結論 / p158 (0084.jp2)
  32. 謝辞 / p164 (0087.jp2)
  33. 本論文の基礎となる発表論文 / p165 (0087.jp2)
  34. 本論文に関係するその他の発表論文 / p166 (0088.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152025
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068944
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316339
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ