【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ゆらぎ制御と快適性評価に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 住谷, 正夫 スミヤ, マサオ

書誌事項

タイトル

ゆらぎ制御と快適性評価に関する研究

著者名

住谷, 正夫

著者別名

スミヤ, マサオ

学位授与大学

茨城大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第45号

学位授与年月日

1997-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. Abstract / p1 (0006.jp2)
  2. 目次 / (0009.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0012.jp2)
  4. 1.1 緒言 / p1 (0012.jp2)
  5. 1.2 ゆらぎ現象 / p3 (0014.jp2)
  6. 1.3 本研究の背景 / p5 (0016.jp2)
  7. 1.4 本論文の目的と構成 / p11 (0022.jp2)
  8. [参考文献] / p14 (0025.jp2)
  9. 第2章 ゆらぎ現象の測定および解析 / p17 (0028.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p17 (0028.jp2)
  11. 2.2 ゆらぎ現象の測定および解析方法 / p18 (0029.jp2)
  12. 2.3 自然の風のゆらぎ解析 / p28 (0039.jp2)
  13. 2.4 自然と人工光のゆらぎ解析 / p33 (0044.jp2)
  14. 2.5 結言 / p51 (0062.jp2)
  15. [参考文献] / p53 (0064.jp2)
  16. 第3章 1/fゆらぎの制御への応用と評価 / p54 (0065.jp2)
  17. 3.1 緒言 / p54 (0065.jp2)
  18. 3.2 ゆらぎを用いた制御方法 / p56 (0067.jp2)
  19. 3.3 送風装置に風向ゆらぎを用いた制御と評価 / p60 (0071.jp2)
  20. 3.4 結言 / p73 (0084.jp2)
  21. [参考文献] / p75 (0086.jp2)
  22. 第4章 脳波のパワー変化を用いたストレスの客観的評価 / p77 (0088.jp2)
  23. 4.1 緒言 / p77 (0088.jp2)
  24. 4.2 脳波と測定 / p79 (0090.jp2)
  25. 4.3 検定方法 / p85 (0096.jp2)
  26. 4.4 実験および解析方法 / p94 (0105.jp2)
  27. 4.5 結果および考察 / p98 (0109.jp2)
  28. 4.6 結言 / p106 (0117.jp2)
  29. [参考文献] / p108 (0119.jp2)
  30. 第5章 K.L(Karhunen-Loeve)展開法を用いたストレスの客観的評価 / p111 (0122.jp2)
  31. 5.1 緒言 / p111 (0122.jp2)
  32. 5.2 K.L展開法 / p113 (0124.jp2)
  33. 5.3 K.L展開法を用いた脳波の解析手法 / p115 (0126.jp2)
  34. 5.4 実験方法 / p117 (0128.jp2)
  35. 5.5 結果および考察 / p119 (0130.jp2)
  36. 5.6 結言 / p132 (0143.jp2)
  37. [参考文献] / p134 (0145.jp2)
  38. 第6章 結論 / p135 (0146.jp2)
  39. 謝辞 / p139 (0150.jp2)
  40. [発表論文] / (0152.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152081
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001068997
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316395
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ