【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

鉛リボザイムの構造と活性の相関に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 金, 美希 キン, ミヒ

書誌事項

タイトル

鉛リボザイムの構造と活性の相関に関する研究

著者名

金, 美希

著者別名

キン, ミヒ

学位授与大学

横浜国立大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第271号

学位授与年月日

1997-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 略語表 / p1 (0005.jp2)
  3. はじめに / p2 (0006.jp2)
  4. 第一章 序論 / p3 (0007.jp2)
  5. 1-1 リボザイムについて / p3 (0007.jp2)
  6. 1-2 鉛リボザイムについて / p7 (0011.jp2)
  7. 第二章 鉛リボザイムのデザイン / p12 (0016.jp2)
  8. 2-1 2本のRNA鎖からなる鉛リボザイム / p12 (0016.jp2)
  9. 2-2 鉛リボザイムの切断されない基質のデザイン / p15 (0019.jp2)
  10. 第三章 鉛リボザイムの調製 / p16 (0020.jp2)
  11. 3-1 RNAオリゴマーの化学合成 / p16 (0020.jp2)
  12. 3-2 RNAオリゴマーの酵素的合成 / p25 (0029.jp2)
  13. 第四章 鉛リボザイムの切断特性 / p26 (0030.jp2)
  14. 4-1 鉛リボザイムの切断の特性 / p26 (0030.jp2)
  15. 4-2 切断活性に及ぼす金属イオンの効果 / p36 (0040.jp2)
  16. 第五章 鉛リボザイムのCDによる解析 / p47 (0051.jp2)
  17. 5-1 金属イオン滴定によるCDスペクトルの変化 / p47 (0051.jp2)
  18. 5-2 CDデータのカーブフィッティングによる解析 / p58 (0062.jp2)
  19. 第六章 鉛リボザイムのNMRによる解析 / p70 (0074.jp2)
  20. 6-1 方法 / p70 (0074.jp2)
  21. 6-2 結果及び考察 / p73 (0077.jp2)
  22. 第七章 結論 / p91 (0095.jp2)
  23. 7-1 Pb²⁺及びMg²⁺による鉛リボザイムの切断活性とその促進及び抑制のメカニズム / p91 (0095.jp2)
  24. 7-2 結論 / p94 (0098.jp2)
  25. 実験の部 / p95 (0099.jp2)
  26. 参考文献 / p111 (0115.jp2)
  27. 謝辞 / p116 (0120.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152139
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069053
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316453
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ