【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

回転機診断システムの実用化に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 田中, 誠 タナカ, マコト

書誌事項

タイトル

回転機診断システムの実用化に関する研究

著者名

田中, 誠

著者別名

タナカ, マコト

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1663号

学位授与年月日

1997-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1.緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 研究の背景と目的 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 論文の構成 / p2 (0005.jp2)
  5. 2.回転機診断システムの概要 / p5 (0006.jp2)
  6. 2.1 回転機診断システムの構成 / p5 (0006.jp2)
  7. 3.ウェーブレット変換を用いた機器振動データの圧縮 / p15 (0011.jp2)
  8. 3.1 はじめに / p15 (0011.jp2)
  9. 3.2 機器振動データと圧縮 / p16 (0012.jp2)
  10. 3.3 ウェーブレット変換の概要 / p18 (0013.jp2)
  11. 3.4 ウェーブレット変換による振動データ圧縮 / p27 (0017.jp2)
  12. 3.5 機器振動データの圧縮・復元 / p31 (0019.jp2)
  13. 3.6 おわりに / p40 (0024.jp2)
  14. 4.ウェーブレット変換を用いた機器振動データの時間周波数解析 / p43 (0025.jp2)
  15. 4.1 はじめに / p43 (0025.jp2)
  16. 4.2 周波数解析と時間周波数解析 / p44 (0026.jp2)
  17. 4.3 振動データの時間周波数解析 / p50 (0029.jp2)
  18. 4.4 おわりに / p62 (0035.jp2)
  19. 5.ニューラルネットワークを用いた回転機異常診断 / p65 (0036.jp2)
  20. 5.1 はじめに / p65 (0036.jp2)
  21. 5.2 ニューラルネットワークを用いた異常検出・故障識別アルゴリズム / p67 (0037.jp2)
  22. 5.3 機器振動データを用いたシミュレーション結果 / p77 (0042.jp2)
  23. 5.4 おわりに / p84 (0046.jp2)
  24. 6.結言 / p87 (0047.jp2)
  25. 謝辞 / p91 (0049.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152253
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069150
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316567
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ