【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

出芽酵母の多剤耐性機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 宮原, 浩二 ミヤハラ, コウジ

書誌事項

タイトル

出芽酵母の多剤耐性機構に関する研究

著者名

宮原, 浩二

著者別名

ミヤハラ, コウジ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1681号

学位授与年月日

1997-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 緒言 / p4 (0006.jp2)
  3. 第一部 多剤耐性遺伝子YDR1の生理機能の解析 / p6 (0008.jp2)
  4. 第一章 YDR1遺伝子とそのホモログSNQ2遺伝子の機能関連 / p7 (0009.jp2)
  5. 第一節 材料と方法 / p7 (0009.jp2)
  6. 1-1 使用菌株 / p7 (0009.jp2)
  7. 1-2 使用培地 / p7 (0009.jp2)
  8. 1-3 薬剤溶液の調製 / p8 (0010.jp2)
  9. 1-4 四分子解析 / p9 (0011.jp2)
  10. 1-5 DNA操作 / p9 (0011.jp2)
  11. 1-6 PCRによるSNQ2遺伝子の取得 / p10 (0012.jp2)
  12. 1-7 snq2単独破壊株、ydr1snq2二重破壊株の作製 / p11 (0013.jp2)
  13. 1-8 ノーザンブロッティング解析 / p12 (0014.jp2)
  14. 第二節 実験結果 / p13 (0015.jp2)
  15. 2-1 YDR1遺伝子産物とSNQ2遺伝子産物との蛋白質レベルでの比較 / p13 (0015.jp2)
  16. 2-2 YDR1遺伝子とSNQ2遺伝子の機能解析 / p14 (0016.jp2)
  17. 2-3 様々なストレスによるYDR1遺伝子とSNQ2遺伝子の転写誘導 / p16 (0018.jp2)
  18. 第三節 考察 / p18 (0020.jp2)
  19. 第二章 薬剤特異性の変化した変異YDR1の解析 / p20 (0022.jp2)
  20. 第一節 材料と方法 / p20 (0022.jp2)
  21. 1-1 使用菌株 / p20 (0022.jp2)
  22. 1-2 使用培地 / p20 (0022.jp2)
  23. 1-3 薬剤溶液の調製 / p20 (0022.jp2)
  24. 1-4 DNA操作 / p20 (0022.jp2)
  25. 1-5 DNAの変異処理 / p20 (0022.jp2)
  26. 1-6 塩基配列の決定 / p21 (0023.jp2)
  27. 1-7 変異遺伝子と野生型遺伝子のキメラ遺伝子の構築 / p21 (0023.jp2)
  28. 第二節 実験結果 / p21 (0023.jp2)
  29. 2-1 変異YDR1遺伝子の取得方法 / p22 (0024.jp2)
  30. 2-2 薬剤特異性変異YDR1遺伝子の変異領域の決定 / p22 (0024.jp2)
  31. 2-3 変異YDR1遺伝子の変異点の決定 / p24 (0026.jp2)
  32. 2-4 シクロヘキシミド特異的感受性変異YDR1遺伝子の表現型 / p26 (0028.jp2)
  33. 第三節 考察 / p27 (0029.jp2)
  34. 第三章 酵母のABCトランスポーターの細胞内イオン調節に与える影響 / p29 (0031.jp2)
  35. 第一節 材料と方法 / p29 (0031.jp2)
  36. 1-1 使用菌株 / p29 (0031.jp2)
  37. 1-2 使用培地 / p29 (0031.jp2)
  38. 1-3 DNA操作 / p29 (0031.jp2)
  39. 1-4 液体培地による感受性の検定 / p29 (0031.jp2)
  40. 1-5 等速電気泳動装置によるナトリウム、リチウムの測定 / p29 (0031.jp2)
  41. 1-6 PIXE法による細胞内マンガン濃度の測定 / p30 (0032.jp2)
  42. 1-7 ノーザンブロッティング / p31 (0033.jp2)
  43. 第二節 実験結果 / p32 (0034.jp2)
  44. 2-1 ydr1snq2破壊株のイオンの対する影響 / p32 (0034.jp2)
  45. 2-2 細胞内Na⁺,Li⁺,Mn²⁺濃度の測定 / p35 (0037.jp2)
  46. 2-3 ydr1snq2破壊株のカチオン排出に与える影響 / p36 (0038.jp2)
  47. 2-4 カチオンによるYDR1遺伝子とSNQ2遺伝子の転写誘導 / p37 (0039.jp2)
  48. 第三節 考察 / p37 (0039.jp2)
  49. 第二部 / p40 (0042.jp2)
  50. 第四章 YDR1遺伝子の発現調節機構に関与する上流領域の解析 / p41 (0043.jp2)
  51. 第一節 材料と方法 / p41 (0043.jp2)
  52. 1-1 使用菌株 / p41 (0043.jp2)
  53. 1-2 使用培地 / p41 (0043.jp2)
  54. 1-3 薬剤溶液の調製 / p41 (0043.jp2)
  55. 1-4 DNA操作 / p41 (0043.jp2)
  56. 1-5 上流領域の欠失変異YDR1遺伝子の作製 / p41 (0043.jp2)
  57. 1-6 ノーザンブロッティング / p42 (0044.jp2)
  58. 1-7 塩基配列の決定 / p42 (0044.jp2)
  59. 第二節 実験結果 / p42 (0044.jp2)
  60. 2-1 欠失変異YDR1遺伝子の作製とHSEの薬剤耐性に与える影響 / p42 (0044.jp2)
  61. 2-2 薬剤耐性に必要な領域の限定 / p44 (0046.jp2)
  62. 2-3 上流領域欠失YDR1の薬剤による転写誘導 / p45 (0047.jp2)
  63. 2-4 Region I、IIの特徴的な配列の検索 / p46 (0048.jp2)
  64. 第三節 考察 / p48 (0050.jp2)
  65. 第五章 酵母AP-1ホモログのYDR1遺伝子の発現調節に与える影響 / p49 (0051.jp2)
  66. 第一節 材料と方法 / p49 (0051.jp2)
  67. 1-1 使用菌株 / p49 (0051.jp2)
  68. 1-2 使用培地 / p49 (0051.jp2)
  69. 1-3 DNA操作 / p49 (0051.jp2)
  70. 1-4 ノーザンブロッティング解析 / p49 (0051.jp2)
  71. 第二節 実験結果 / p50 (0052.jp2)
  72. 2-1 YAP1、YAP2遺伝子のYDR1遺伝子とSNQ2遺伝子の相互作用 / p50 (0052.jp2)
  73. 2-2 yap1yap2二重破壊株におけるYDR1遺伝子とSNQ2遺伝子の発現制御に与える影響 / p52 (0054.jp2)
  74. 2-3 ヒートショックに応答する領域の限定 / p52 (0054.jp2)
  75. 2-4 酵母AP-1のホモログが認識する配列との比較 / p53 (0055.jp2)
  76. 第三節 考察 / p54 (0056.jp2)
  77. 総括 / p56 (0058.jp2)
  78. 参考文献 / p59 (0061.jp2)
  79. 謝辞 / p62 (0064.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152268
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069163
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316582
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ