【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

数学的問題解決スキーマとその構成に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 崎谷, 真也 サキタニ, シンヤ

書誌事項

タイトル

数学的問題解決スキーマとその構成に関する研究

著者名

崎谷, 真也

著者別名

サキタニ, シンヤ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (教育学)

学位授与番号

乙第2910号

学位授与年月日

1996-12-18

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 序章 数学教育の課題と本研究の主題 / p1 (0008.jp2)
  3. 第1節 数学教育における問題解決の意義と課題 / p3 (0010.jp2)
  4. 1.数学教育における問題解決の意義 / (0010.jp2)
  5. 2.数学の問題解決能力に関する生徒の実態 / p7 (0014.jp2)
  6. 第2節 本研究の主題と論文構成 / p11 (0018.jp2)
  7. 1.問題解決に関する先行研究 / p11 (0018.jp2)
  8. 2.本研究の主題と研究方法 / p11 (0018.jp2)
  9. 3.本論文の構成 / p17 (0024.jp2)
  10. 4.序章のまとめ / p20 (0027.jp2)
  11. 第1章 数学の問題解決の情報処理的考察 / p22 (0029.jp2)
  12. 第1節 数学の問題解決と情報処理 / p24 (0031.jp2)
  13. 1.数学の問題解決とその特徴 / p24 (0031.jp2)
  14. 2.情報処理活動としての問題解決 / p31 (0038.jp2)
  15. 3.本節のまとめ / p35 (0042.jp2)
  16. 第2節 数学の問題解決の情報処理モデル / p37 (0044.jp2)
  17. 1.情報処理モデルとその特徴 / p37 (0044.jp2)
  18. 2.情報の表現と表象 / p45 (0052.jp2)
  19. 3.本節のまとめ / p47 (0054.jp2)
  20. 第3節 作業記憶の容量と問題解決 / p49 (0056.jp2)
  21. 1.作業記憶の容量とその限界 / p49 (0056.jp2)
  22. 2.情報のチャンク化 / p55 (0062.jp2)
  23. 3.応答の自動化 / p57 (0064.jp2)
  24. 4.本節のまとめ / p58 (0065.jp2)
  25. 第2章 数学的問題解決スキーマとその特性 / p60 (0067.jp2)
  26. 第1節 問題解決における概念的知識 / p63 (0070.jp2)
  27. 1.概念的知識とその表現 / p63 (0070.jp2)
  28. 2.概念的知識の特質 / p70 (0077.jp2)
  29. 3.本節のまとめ / p74 (0081.jp2)
  30. 第2節 問題解決における手続き的知識 / p76 (0083.jp2)
  31. 1.手続き的知識とその表現 / p76 (0083.jp2)
  32. 2.手続き的知識と概念的知識の関連 / p80 (0087.jp2)
  33. 3.本節のまとめ / p84 (0091.jp2)
  34. 第3節 数学的スキーマと問題解決スキーマ / p86 (0093.jp2)
  35. 1 先行研究にみられるスキーマの概念 / p86 (0093.jp2)
  36. 2.数学的スキーマとその特性 / p94 (0101.jp2)
  37. 3.問題解決スキーマとその特性 / p103 (0110.jp2)
  38. 4.数学的問題解決スキーマの表象と記憶 / p109 (0116.jp2)
  39. 5.本節のまとめ / p114 (0121.jp2)
  40. 第3章 問題の解決過程における数学的問題解決スキーマの機能 / p116 (0123.jp2)
  41. 第1節 数学的問題解決スキーマの活用による問題解決 / p119 (0126.jp2)
  42. 1.問題解決の方法 / p119 (0126.jp2)
  43. 2.問題の理解と数学的スキーマ / p123 (0130.jp2)
  44. 3.プラン具体化による問題解決 / p127 (0134.jp2)
  45. 4.弱解法による問題解決 / p128 (0135.jp2)
  46. 5.本節のまとめ / p136 (0143.jp2)
  47. 第2節 類推による問題解決と数学的問題解決スキーマ / p138 (0145.jp2)
  48. 1.類推による問題解決における数学的問題解決スキーマの機能 / p138 (0145.jp2)
  49. 2.問題の構造的類似性の認知過程と数学的問題解決スキーマ / p149 (0156.jp2)
  50. 3.本節のまとめ / p158 (0165.jp2)
  51. 第4章 数学的問題解決スキーマに関する生徒の実態についての調査研究 / p160 (0167.jp2)
  52. 第1節 問題の類似性の認識に関する生徒の実態 / p163 (0170.jp2)
  53. 1.問題の類似性の判定基準 / p163 (0170.jp2)
  54. 2.問題の構造的類似性の認識 / p176 (0183.jp2)
  55. 3.本節のまとめ / p184 (0191.jp2)
  56. 第2節 概念的知識に関する生徒の実態 / p185 (0192.jp2)
  57. 1.概念的知識の構造 / p185 (0192.jp2)
  58. 2.概念的知識の内容 / p194 (0201.jp2)
  59. 3.本節のまとめ / p198 (0205.jp2)
  60. 第3節 概念的知識と手続き的知識の結び付きに関する生徒の実態 / p199 (0206.jp2)
  61. 1.問題解決スキーマと問題解決能力 / (0206.jp2)
  62. 2.概念的知識と手続き的知識の結び付きと問題解決スキーマの関連 / p200 (0207.jp2)
  63. 3.本節のまとめ / p206 (0213.jp2)
  64. 第5章 数学的問題解決スキーマの構成に関する実践的研究 / p207 (0214.jp2)
  65. 第1節 例題学習による数学的問題解決スキーマの構成 / p211 (0218.jp2)
  66. 1.例題による学習と言語による学習 / p211 (0218.jp2)
  67. 2.例題学習の方法 / p211 (0218.jp2)
  68. 3.例題指導への含意 / p225 (0232.jp2)
  69. 4.本節のまとめ / p226 (0233.jp2)
  70. 第2節 類似問題の解決による数学的問題解決スキーマの構成 / p228 (0235.jp2)
  71. 1.練習問題の意義 / p228 (0235.jp2)
  72. 2.自力構成による問題解決スキーマの様相 / p231 (0238.jp2)
  73. 3.一般的な問題解決スキーマの構成 / p236 (0243.jp2)
  74. 4.一般的な問題解決スキーマの構成に関する実践とその考察 / p244 (0251.jp2)
  75. 5.本節のまとめ / p255 (0262.jp2)
  76. 第3節 類似問題の作成による数学的問題解決スキーマの構成 / p257 (0264.jp2)
  77. 1.類似問題の作成と数学的問題解決スキーマの関連 / p257 (0264.jp2)
  78. 2.類似問題の作成に関する実践とその考察 / p260 (0267.jp2)
  79. 3.本節のまとめ / p272 (0279.jp2)
  80. 第4節 対応付けによる数学的問題解決スキーマの構成 / p274 (0281.jp2)
  81. 1.対応付けによる問題解決スキーマの構成 / p274 (0281.jp2)
  82. 2.対応付けによる問題解決スキーマの構成に関する実践とその考察 / p276 (0283.jp2)
  83. 3.対応付けによる数学的スキーマの構成 / p288 (0295.jp2)
  84. 4.本節のまとめ / p290 (0297.jp2)
  85. 終章 本研究の総括と今後の課題 / p291 (0298.jp2)
  86. 主要参考文献 / p300 (0307.jp2)
12アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152353
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069239
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316667
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ