【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

製造業におけるSQC活用の体系化に関する実証論的研究

この論文をさがす

著者

    • 天坂, 格郎 アマサカ, カクロウ

書誌事項

タイトル

製造業におけるSQC活用の体系化に関する実証論的研究

著者名

天坂, 格郎

著者別名

アマサカ, カクロウ

学位授与大学

広島大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第2933号

学位授与年月日

1997-02-13

注記・抄録

博士論文

第1章 序論 / p1 1.1 緒言 / p1 1.2 製造業におけるSQC活用に関する実証論的考察 / p1 1.3 SQC実践活用の問題とSQC手法の問題 / p4 1.4 目的と構成 / p5第2章 製造業におけるSQC活用の体系的展開 / p17 2.1 製造業におけるSQC / p17 2.2 “SQC推進サイクル”の体系化と推進展開 / p18 2.3 SQC解析ソフト“TPOS”の開発と活用 / p21 2.4 製造業におけるSQCの展開と効果 / p25第3章 SQC活用事例の登録・検索システムの構築と運用 / p33 3.1 登録・検索システムの構築の経緯 / p33 3.2 “TSIS-QR”システムの構築 / p35 3.3 ひと目でわかるSQC活用事例の形態 / p36 3.4 SQC活用事例の登録・検索の手続き / p37 3.5 適用例 / p38 3.6 知的な“TSISネットワークシステム”の構築 / p39第4章 SQC適用研究と体系的活用 / p47 4.1 緒言 / p47 4.2 技術課題解決へのSQC適用研究例 / p47 4.3 組織的運用論としての協業活動へのSQC活用例 / p53 4.4 インライン・オンラインシステムへのSQC活用例 / p59 4.5 結言 / p66第5章 錯綜した因果関係を解明するためのSQC手法の開発 / p86 5.1 緒言 / p86 5.2 変動要因解析のための新変数選択法の提案 / p87 5.3 新変数選択法“BN法”の妥当性に関する検証 / p98 5.4 CAEによる新技術解析への多変量解析の用途開発 / p106 5.5 結言 / p116第6章 製造業における新しいSQCの方法論の提案と体系化 / p147 6.1 緒言 / p147 6.2 “サイエンスSQC”の提案と実証 / p147 6.3 SQC活用の統合ネットワーク“TTlS”による体系化 / p157 6.4 “マネジメントSQC”の提案と体系的活用の実証 / p158 6.5 結言 / p167第7章 結論 / p185謝辞 / p191引用論文 / p192主論文と引用論文との対応 / p195

目次

  1. 目次 / p5 (0005.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 製造業におけるSQC活用に関する実証論的考察 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.3 SQC実践活用の問題とSQC手法の問題 / p4 (0008.jp2)
  6. 1.4 目的と構成 / p5 (0008.jp2)
  7. 第2章 製造業におけるSQC活用の体系的展開 / p17 (0014.jp2)
  8. 2.1 製造業におけるSQC / p17 (0014.jp2)
  9. 2.2“SQC推進サイクル”の体系化と推進展開 / p18 (0015.jp2)
  10. 2.3 SQC解析ソフト“TPOS”の開発と活用 / p21 (0016.jp2)
  11. 2.4 製造業におけるSQCの展開と効果 / p25 (0018.jp2)
  12. 第3章 SQC活用事例の登録・検索システムの構築と運用 / p33 (0022.jp2)
  13. 3.1 登録・検索システムの構築の経緯 / p33 (0022.jp2)
  14. 3.2“TSIS-QR”システムの構築 / p35 (0023.jp2)
  15. 3.3 ひと目でわかるSQC活用事例の形態 / p36 (0024.jp2)
  16. 3.4 SQC活用事例の登録・検索の手続き / p37 (0024.jp2)
  17. 3.5 適用例 / p38 (0025.jp2)
  18. 3.6 知的な“TSISネットワークシステム”の構築 / p39 (0025.jp2)
  19. 第4章 SQC適用研究と体系的活用 / p47 (0029.jp2)
  20. 4.1 緒言 / p47 (0029.jp2)
  21. 4.2 技術課題解決へのSQC適用研究例 / p47 (0029.jp2)
  22. 4.3 組織的運用論としての協業活動へのSQC活用例 / p53 (0032.jp2)
  23. 4.4 インライン・オンラインシステムへのSQC活用例 / p59 (0035.jp2)
  24. 4.5 結言 / p66 (0039.jp2)
  25. 第5章 錯綜した因果関係を解明するためのSQC手法の開発 / p86 (0049.jp2)
  26. 5.1 緒言 / p86 (0049.jp2)
  27. 5.2 変動要因解析のための新変数選択法の提案 / p87 (0049.jp2)
  28. 5.3 新変数選択法“BN法”の妥当性に関する検証 / p98 (0055.jp2)
  29. 5.4 CAEによる新技術解析への多変量解析の用途開発 / p106 (0059.jp2)
  30. 5.5 結言 / p116 (0064.jp2)
  31. 第6章 製造業における新しいSQCの方法論の提案と体系化 / p147 (0079.jp2)
  32. 6.1 緒言 / p147 (0079.jp2)
  33. 6.2“サイエンスSQC”の提案と実証 / p147 (0079.jp2)
  34. 6.3 SQC活用の統合ネットワーク“TTlS"による体系化 / p157 (0084.jp2)
  35. 6.4“マネジメントSQC”の提案と体系的活用の実証 / p158 (0085.jp2)
  36. 6.5 結言 / p167 (0089.jp2)
  37. 第7章 結論 / p185 (0098.jp2)
  38. 謝辞 / p191 (0101.jp2)
  39. 引用論文 / p192 (0102.jp2)
  40. 主論文と引用論文との対応 / p195 (0103.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152374
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001069256
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000316688
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ