【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

高硬さ鋼の動的強度と測定法に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 侯, 培紅 コウ, バイコウ

書誌事項

タイトル

高硬さ鋼の動的強度と測定法に関する研究

著者名

侯, 培紅

著者別名

コウ, バイコウ

学位授与大学

金沢大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第1513号

学位授与年月日

1997-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 総目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0004.jp2)
  3. 第2章 計装化シャルピー衝撃試験法 / p8 (0008.jp2)
  4. 2.1 緒言 / p8 (0008.jp2)
  5. 2.2 試験機 / p10 (0009.jp2)
  6. 2.3 衝撃荷重の測定法 / p10 (0009.jp2)
  7. 2.4 較正実験による伝達関数の求め方 / p12 (0010.jp2)
  8. 2.5 結言 / p18 (0013.jp2)
  9. 第3章 長い棒を用いた衝撃3点曲げ試験法 / p20 (0014.jp2)
  10. 3.1 緒言 / p20 (0014.jp2)
  11. 3.2 実験装置 / p20 (0014.jp2)
  12. 3.3 荷重の計測及び評価 / p22 (0015.jp2)
  13. 3.4 結言 / p24 (0016.jp2)
  14. 第4章 曲げによる応力-ひずみ関係の測定法 / p26 (0017.jp2)
  15. 4.1 緒言 / p26 (0017.jp2)
  16. 4.2 Herbertの公式 / p26 (0017.jp2)
  17. 4.3 測定結果に及ぼす影響因子 / p27 (0017.jp2)
  18. 4.4 本実験の測定条件と範囲 / p40 (0024.jp2)
  19. 4.5 結言 / p41 (0024.jp2)
  20. 第5章 ポプキンソン圧力棒法による応力-ひずみ関係の測定法 / p42 (0025.jp2)
  21. 5.1 緒言 / p42 (0025.jp2)
  22. 5.2 応力-ひずみ関係の測定法 / p42 (0025.jp2)
  23. 5.3 同試験法を用いた場合の問題及び解決法 / p45 (0026.jp2)
  24. 5.4 結言 / p48 (0028.jp2)
  25. 第6章 高硬さ鋼の動的強度 / p49 (0028.jp2)
  26. 6.1 緒言 / p49 (0028.jp2)
  27. 6.2 材料の組成、組織、硬さおよび測定条件 / p49 (0028.jp2)
  28. 6.3 実験結果および考察 / p53 (0030.jp2)
  29. 6.4 結言 / p61 (0034.jp2)
  30. 第7章 高硬さ鋼の動的構成式 / p62 (0035.jp2)
  31. 7.1 緒言 / p62 (0035.jp2)
  32. 7.2 適用構成式 / p62 (0035.jp2)
  33. 7.3 実験方法 / p64 (0036.jp2)
  34. 7.4 構成式の適用結果および考察 / p64 (0036.jp2)
  35. 7.5 結言 / p90 (0049.jp2)
  36. 第8章 結論 / p91 (0049.jp2)
  37. 参考文献 / p93 (0050.jp2)
  38. 謝辞 / p97 (0052.jp2)
  39. 論文目録 / (0053.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152466
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001086653
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316780
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ