【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

日本産高山植物の分子系統地理学的研究

この論文をさがす

著者

    • 藤井, 紀行 フジイ, ノリユキ

書誌事項

タイトル

日本産高山植物の分子系統地理学的研究

著者名

藤井, 紀行

著者別名

フジイ, ノリユキ

学位授与大学

金沢大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第1515号

学位授与年月日

1997-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 葉緑体DNAの植物地理学的研究への有効性 / p6 (0008.jp2)
  3. 1.はじめに / p6 (0008.jp2)
  4. 2.葉緑体DNAを用いた種内レベルの系統地理学的な研究例 / p6 (0008.jp2)
  5. 3.考察 / p11 (0013.jp2)
  6. 第2章 ヨツバシオガマの葉緑体DNAの種内異変と系統解析 / p13 (0015.jp2)
  7. 1.はじめに / p13 (0015.jp2)
  8. 2.材料と方法 / p13 (0015.jp2)
  9. 3.結果 / p22 (0024.jp2)
  10. 4.考察 / p29 (0031.jp2)
  11. 第3章 エゾコザクラの葉緑体DNAの種内異変と系統解析 / p41 (0043.jp2)
  12. 1.はじめに / p41 (0043.jp2)
  13. 2.材料と方法 / p41 (0043.jp2)
  14. 3.結果 / p46 (0048.jp2)
  15. 4.考察 / p53 (0055.jp2)
  16. 第4章 イワギキョウ他6種群における葉緑体DNAの種内異変 / p61 (0063.jp2)
  17. 1.はじめに / p61 (0063.jp2)
  18. 2.材料と方法 / p61 (0063.jp2)
  19. 3.結果と考察 / p67 (0069.jp2)
  20. 第5章 総合考察 / p70 (0072.jp2)
  21. ヨツバシオガマとエゾコザクラは最終氷期より前に侵入した種である / p70 (0072.jp2)
  22. ヨツバシオガマやエゾコザクラの分布の変遷過程と最終氷期 / p71 (0073.jp2)
  23. 本州中北部以南があレフェジアになっていたのではないか? / p72 (0074.jp2)
  24. 分岐年代推定の試み / p75 (0077.jp2)
  25. 遺伝子系統樹vs.集団の系統樹 / p77 (0079.jp2)
  26. まとめ / p80 (0082.jp2)
  27. 謝辞 / p82 (0084.jp2)
  28. 引用文献 / p83 (0085.jp2)
  29. 要旨 / p90 (0092.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152468
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001086655
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316782
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ