【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

抗糖尿病作用を有するチアゾリジンジオン誘導体の合成研究

この論文をさがす

著者

    • 百瀬, 祐 モモセ, ユウ

書誌事項

タイトル

抗糖尿病作用を有するチアゾリジンジオン誘導体の合成研究

著者名

百瀬, 祐

著者別名

モモセ, ユウ

学位授与大学

金沢大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第1564号

学位授与年月日

1997-09-30

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. 第1節 糖尿病とは / p1 (0004.jp2)
  4. 第2節 IDDMとNIDDM / p2 (0005.jp2)
  5. 第3節 研究方針と概要 / p4 (0006.jp2)
  6. 第2章 5-[4-(ピリジルアルコキシ)ベンジル]-2,4-チアゾリジンジオン誘導体の合成と血糖及び血中脂質低下作用 / p6 (0007.jp2)
  7. 第1節 5-[4-(ピリジルアルコキシ)ベンジル]-2,4-チアゾリジンジオン誘導体の構造―活性相関 / p6 (0007.jp2)
  8. 第2節 5-[4-(2-ピリジル)ベンジル]-2,4-チアゾリジンジオン誘導体の合成と構造―活性相関 / p8 (0008.jp2)
  9. 第3節 まとめ / p11 (0009.jp2)
  10. 第3章 5-[4-(アルキルチオ)ベンジル]-2,4-チアゾリジンジオン及び5-ベンジリデン基を有する複素環誘導体の合成と血糖及び血中脂質低下作用 / p12 (0010.jp2)
  11. 第1節 5-[4-(アルキルチオ)ベンジル]-2,4-チアゾリジンジオン及び5-ベンジリデン基を有する複素環誘導体の合成方針 / p12 (0010.jp2)
  12. 第2節 5-[4-(アルキルチオ)ベンジル]-2,4-チアゾリジンジオン誘導体の合成と構造―活性相関 / p13 (0010.jp2)
  13. 第3節 5-ベンジリデン基と有する複素環誘導体の合成と構造―活性相関 / p15 (0011.jp2)
  14. 第4節 5-ベンジリデン-2,4-チアゾリジンジオン誘導体の構造決定 / p17 (0012.jp2)
  15. 第5節 ピオグリタゾンの別途合成法 / p20 (0014.jp2)
  16. 第6節 まとめ / p21 (0014.jp2)
  17. 第4章 5-[4-(アゾリルアルコキシ)ベンジル]-2,4-チアゾリジンジオン誘導体及び関連化合物の合成と血糖及び血中脂質低下作用 / p22 (0015.jp2)
  18. 第1節 5-[4-(アゾリルアルコキシ)ベンジル]-2,4-チアゾリジンジオン誘導体及び関連化合物の合成方針 / p22 (0015.jp2)
  19. 第2節 5-[4-(アゾリルアルコキシ)ベンジル]-2,4-チアゾリジンジオン誘導体及び関連化合物の合成 / p23 (0015.jp2)
  20. 第3節 5-[4-(アゾリルアルコキシ)ベンジル]-2,4-チアゾリジンジオン誘導体及び関連化合物の構造―活性相関 / p30 (0019.jp2)
  21. 第4節 まとめ / p31 (0019.jp2)
  22. 第5章 結語 / p32 (0020.jp2)
  23. 謝辞 / p34 (0021.jp2)
  24. 実験の部 生物試験法 / p35 (0021.jp2)
  25. 第2章第2節に関する実験 / p35 (0021.jp2)
  26. 第3章第2節に関する実験 / p43 (0025.jp2)
  27. 第3章第3節に関する実験 / p47 (0027.jp2)
  28. 第3章第5節に関する実験 / p52 (0030.jp2)
  29. 第4章第2節に関する実験 / p53 (0030.jp2)
  30. 引用文献 / p67 (0037.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152477
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001086663
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316791
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ