【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

バイオフィルム形成阻害に基づく海洋生物の付着防止物質の研究

この論文をさがす

著者

    • 山田, 昭浩 ヤマダ, アキヒロ

書誌事項

タイトル

バイオフィルム形成阻害に基づく海洋生物の付着防止物質の研究

著者名

山田, 昭浩

著者別名

ヤマダ, アキヒロ

学位授与大学

静岡大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第160号

学位授与年月日

1997-09-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 背景 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 目的 / p11 (0017.jp2)
  5. 参考文献 / p15 (0021.jp2)
  6. 第2章 付着性細菌の付着阻害を指標とした評価系の設定 / p18 (0024.jp2)
  7. 2.1 付着阻害活性物質の探索のためのアッセイ系(1)の確立 / p18 (0024.jp2)
  8. 2.2 付着阻害活性物質の探索(1)およびアッセイ系(1)の問題点 / p24 (0030.jp2)
  9. 2.3 ビスデアセチルソレノライドD / p29 (0035.jp2)
  10. 2.4 測定機器および一般操作 / p32 (0038.jp2)
  11. 2.5 第2章の実験 / p35 (0041.jp2)
  12. 参考文献 / p46 (0052.jp2)
  13. 第3章 付着性細菌の増殖阻害を指標とした評価系の設定 / p48 (0054.jp2)
  14. 3.1 付着阻害活性物質の探索のためのアッセイ系(2)の確立 / p48 (0054.jp2)
  15. 3.2 付着阻害活性物質の探索(2) / p48 (0054.jp2)
  16. 3.3 ウンテニン類 / p57 (0063.jp2)
  17. 3.4 アッセイ系(2)の問題点およびアッセイ系(3)の確立 / p62 (0068.jp2)
  18. 3.5 付着阻害活性物質の探索(3) / p63 (0069.jp2)
  19. 3.6 アッセイ系に対する考察 / p63 (0069.jp2)
  20. 3.7 第3章の実験 / p64 (0070.jp2)
  21. 参考文献 / p82 (0088.jp2)
  22. 第4章 野外実験 / p85 (0091.jp2)
  23. 4.1 野外実験(1) / p85 (0091.jp2)
  24. 4.2 野外実験(2) / p95 (0101.jp2)
  25. 4.3 野外実験(3) / p98 (0104.jp2)
  26. 4.4 野外実験(4) / p103 (0109.jp2)
  27. 4.5 野外実験(5) / p110 (0116.jp2)
  28. 4.6 第4章の実験 / p112 (0118.jp2)
  29. 参考文献 / p125 (0131.jp2)
  30. 第5章 まとめ / p126 (0132.jp2)
  31. 5.1 背景 / p126 (0132.jp2)
  32. 5.2 防汚剤の現状および問題点 / p126 (0132.jp2)
  33. 5.3 問題解決の方法 / p127 (0133.jp2)
  34. 5.4 実施内容 / p128 (0134.jp2)
  35. 5.5 結果と考察 / p134 (0140.jp2)
  36. 謝辞 / p141 (0147.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152504
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001086689
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000316818
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ