【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

α-トコフェロールのフッ素同族体の合成

この論文をさがす

著者

    • 小山, まゆみ コヤマ, マユミ

書誌事項

タイトル

α-トコフェロールのフッ素同族体の合成

著者名

小山, まゆみ

著者別名

コヤマ, マユミ

学位授与大学

摂南大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

乙第3号

学位授与年月日

1997-10-17

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. 第一章 側鎖部分にトリフルオロメチル基をもつα-トコフェロール同族体の合成 / p5 (0006.jp2)
  4. 第一節 閉環反応によるα-トコフェロールのフッ素同族体の合成 / p6 (0007.jp2)
  5. 第二節 Wittig反応による合成 / p8 (0008.jp2)
  6. 第一項 クロマノール環部分の合成 / p9 (0008.jp2)
  7. 第二項 トリフルオロメチル基をもつケトンの合成 / p10 (0009.jp2)
  8. 第三項 Wittig反応によるクロマノール環部分とトリフルオロメチル基をもつケトン類との縮合 / p13 (0010.jp2)
  9. 第三節 まとめ / p15 (0011.jp2)
  10. 第二章 クロマノール環部分にトリフルオロメチル基をもつα-トコフェロールの合成 / p17 (0012.jp2)
  11. 第一節 γおよびδ-トコフェロールへのトリフルオロメチル基の導入 / p17 (0012.jp2)
  12. 第二節 クロマノール環8位へのトリフルオロメチル基の導入 / p20 (0014.jp2)
  13. 第三節 ¹⁹F-NMRの緩和時間を利用したリポソーム膜中でのα-トコフェロールの配向性と可動性の検討 / p21 (0014.jp2)
  14. 第三章 側鎖部分とクロマノール環部分にトリフルオロメチル基を各々1個もつα-トコフェロール同族体の合成 / p23 (0015.jp2)
  15. 第一節 側鎖の短いモデル化合物の合成 / p24 (0016.jp2)
  16. 第二節 α-トコフェロール同族体合成への応用 / p28 (0018.jp2)
  17. 第三節 フッ素をプローブとしたリポソーム中でのトコフェロールの挙動の考察 / p37 (0022.jp2)
  18. 第一項 リポソームの調製 / p38 (0023.jp2)
  19. 第二項 ¹⁹F-NMRによる緩和時間の測定 / p38 (0023.jp2)
  20. 第三項 T₂の測定による検討 / p39 (0023.jp2)
  21. 第四項 まとめ / p41 (0024.jp2)
  22. 結語 / p43 (0025.jp2)
  23. 謝辞 / p47 (0027.jp2)
  24. 実験の部 / p48 (0028.jp2)
  25. 文献 / p104 (0056.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152788
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001086966
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317102
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ