【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

希釈反強磁性体Mn[x]Mg[1-x]TiO[3]の磁気的性質の研究

この論文をさがす

著者

    • 東方, 綾 トウボウ, アヤ

書誌事項

タイトル

希釈反強磁性体Mn[x]Mg[1-x]TiO[3]の磁気的性質の研究

著者名

東方, 綾

著者別名

トウボウ, アヤ

学位授与大学

お茶の水女子大学

取得学位

博士 (理学)

学位授与番号

甲第73号

学位授与年月日

1997-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章.序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1.はじめに / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2.ランダム磁場効果 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.3.スピングラス / p9 (0014.jp2)
  6. 1.4.研究の目的 / p18 (0023.jp2)
  7. 第2章.MnTiO₃の磁気的性質および[化学式]の試料作成方法 / p20 (0025.jp2)
  8. 2.1.MnTiO₃とMgTiO₃の結晶構造とMnTiO₃の磁気的性質 / p20 (0025.jp2)
  9. 2.2.[化学式]の試料作成方法 / p24 (0029.jp2)
  10. 第3章・[化学式]の濃度-温度磁気相図の決定 / p32 (0037.jp2)
  11. 3.1.研究の背景 / p32 (0037.jp2)
  12. 3.2.弱磁場での磁化測定 / p40 (0045.jp2)
  13. 3.3.中性子散乱測定 / p66 (0071.jp2)
  14. 3.4.交流帯磁率χ'の測定結果 / p72 (0077.jp2)
  15. 3.5.濃度-温度磁気相図 / p79 (0084.jp2)
  16. 第4章.[化学式](x≧0.62)の磁化の履歴 / p85 (0090.jp2)
  17. 4.1.研究の背景 / p85 (0090.jp2)
  18. 4.2.測定方法 / p94 (0099.jp2)
  19. 4.3.測定結果 / p95 (0100.jp2)
  20. 4.4.ランダム磁場効果による∆M / p106 (0111.jp2)
  21. 4.5.内部ひずみによる∆M / p114 (0119.jp2)
  22. 4.6.まとめ / p124 (0129.jp2)
  23. 第5章.[化学式](0.60≥x>0.50)の交流帯磁率測定と非線形磁化率 / p125 (0130.jp2)
  24. 5.1.研究の背景 / p125 (0130.jp2)
  25. 5.2.測定方法 / p131 (0136.jp2)
  26. 5.3.測定結果 / p132 (0137.jp2)
  27. 5.4.考察 / p146 (0151.jp2)
  28. 5.5.まとめ / p152 (0157.jp2)
  29. 第6章.本研究のまとめ / p153 (0158.jp2)
  30. 参考文献 / p158 (0163.jp2)
  31. 謝辞 / p163 (0168.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152832
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087011
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317146
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ