【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

糖鎖導入による新しいインターロイキン1作成に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 竹井, 豊 タケイ, ユタカ

書誌事項

タイトル

糖鎖導入による新しいインターロイキン1作成に関する研究

著者名

竹井, 豊

著者別名

タケイ, ユタカ

学位授与大学

名古屋市立大学

取得学位

博士 (薬学)

学位授与番号

甲第558号

学位授与年月日

1996-06-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 論文目録 / (0001.jp2)
  2. 学位論文内容要旨 / (0002.jp2)
  3. 目次 / (0009.jp2)
  4. 第1章 序論 / p1 (0010.jp2)
  5. 第2章 糖鎖導入インターロイキン1の性状及びin vitroにおける生物活性 / p7 (0013.jp2)
  6. 第3章 糖鎖導入インターロイキン1のin vivoにおける生物活性 / p13 (0016.jp2)
  7. 第4章 糖鎖導入インターロイキン1のマウス生体内における分布 / p21 (0020.jp2)
  8. 第5章 総括 / p25 (0022.jp2)
  9. 第6章 実験材料及び方法 / p27 (0023.jp2)
  10. 謝辞 / p37 (0028.jp2)
  11. 参考文献 / p38 (0029.jp2)
  12. 表・図 / p48 (0034.jp2)
  13. 学位論文内容要旨 / p73 (0046.jp2)
  14. 第7章 追試実験 / p76 (0048.jp2)
  15. Development of Glycosylated Human Interleukin-1α,Neoglyco IL-1α,Coupled with D-Mannose Dimer:Synthesis and Biological Activities in Vitro / p265 (0061.jp2)
  16. Glycosylated Human Recombinant Interleukin-1α, Neo Interleukin-1α, with D-Mannose Dimer Exhibits Selective Activities In Vivo / p713 (0067.jp2)
  17. D-mannose Dimer Introduced Human Recombinant Interleukin-1α,NEO IL-1α,Exhibits Altered Tissue Distribution in Mice / p333 (0076.jp2)
  18. SYNTHESIS OF IMMUNOSUPPRESSIVE NEOGLYCOPROTEINS:BOVINE SERUM ALBUMIN COUPLED WITH 8-(HYDRAZINO-CARBONYL)OCTYL 4- OR 6-0-α-D-MANNOPYRANOSYL-α-D-MANNOPYRANOSIDE / p941 (0082.jp2)
  19. DEVELOPMENT OF NEOGLYCOPROTEINS CONJUGATED WITH NATURAL OLIGOSACCHARIDES THROUGH CARBOXYL RESIDUES OF PROTEINS AND ITS APPLICATION TO RECOMBINANT HUMAN INTERLEUKIN 1 / p527 (0107.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152857
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000153128
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317171
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ