【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Systemic anaphylaxis in the mouse can be mediated largely through IgG[1] and Fc[γ]RⅢ : assessment of the cardiopulmonary changes, mast cell degranulation, and death associated with active or IgE- or IgG[1]-dependent passive anaphylaxis マウスにおける全身アナフィラキシー反応は、主としてIgG[1]とFc[γ]リセプターⅢを介して起こりうる : 能動的またはIgE-またはIgG[1]-依存性受身アナフィラキシー反応による心肺機能変化、肥満細胞の脱顆粒、死亡率からの検討

この論文をさがす

著者

    • 宮島, 一郎 ミヤジマ, イチロウ

書誌事項

タイトル

Systemic anaphylaxis in the mouse can be mediated largely through IgG[1] and Fc[γ]RⅢ : assessment of the cardiopulmonary changes, mast cell degranulation, and death associated with active or IgE- or IgG[1]-dependent passive anaphylaxis

タイトル別名

マウスにおける全身アナフィラキシー反応は、主としてIgG[1]とFc[γ]リセプターⅢを介して起こりうる : 能動的またはIgE-またはIgG[1]-依存性受身アナフィラキシー反応による心肺機能変化、肥満細胞の脱顆粒、死亡率からの検討

著者名

宮島, 一郎

著者別名

ミヤジマ, イチロウ

学位授与大学

久留米大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第2162号

学位授与年月日

1997-11-01

注記・抄録

博士論文

1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000152978
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087055
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317292
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ