【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

実用的水素吸蔵合金の開発とその水素化特性に関する基礎研究

この論文をさがす

著者

    • 兜森, 俊樹 カブトモリ, トシキ

書誌事項

タイトル

実用的水素吸蔵合金の開発とその水素化特性に関する基礎研究

著者名

兜森, 俊樹

著者別名

カブトモリ, トシキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5257号

学位授与年月日

1997-12-25

注記・抄録

博士論文

iv, 252p.

Hokkaido University(北海道大学). 博士(工学)

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 水素吸蔵合金の機能と役割 / p2 (0008.jp2)
  5. 1.3 水素吸蔵合金の種類と特性 / p7 (0013.jp2)
  6. 1.4 水素吸蔵合金に求められる特性 / p21 (0027.jp2)
  7. 1.5 本研究の目的と構成 / p23 (0029.jp2)
  8. 参考文献 / p25 (0031.jp2)
  9. 第2章 AB₅型水素吸蔵合金の開発と特性評価 / p28 (0034.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p28 (0034.jp2)
  11. 2.2 CaNi₅系合金の水素吸蔵特性に及ぼす添加元素の影響 / p29 (0035.jp2)
  12. 2.3 CaNi₅系合金の耐久性に関する検討 / p44 (0050.jp2)
  13. 2.4 小括 / p62 (0068.jp2)
  14. 参考文献 / p64 (0070.jp2)
  15. 第3章 AB₂型水素吸蔵合金の開発と特性評価 / p65 (0071.jp2)
  16. 3.1 緒言 / p65 (0071.jp2)
  17. 3.2 TiCr₂合金の水素吸蔵特性に及ぼす各種添加元素の影響 / p66 (0072.jp2)
  18. 3.3 TiCr₂系剛毅の耐久性に関する検討 / p93 (0099.jp2)
  19. 3.4 小括 / p107 (0113.jp2)
  20. 参考文献 / p109 (0115.jp2)
  21. 第4章 ABおよびA₂B型水素吸蔵合金の開発と特性評価 / p110 (0116.jp2)
  22. 4.1 緒言 / p110 (0116.jp2)
  23. 4.2 Ti₂Co合金の基礎的水素吸蔵特性および水素化物相 / p112 (0118.jp2)
  24. 4.3 Ti₂Co合金の水素化特性におよぼす第3、第4元素添加の影響 / p126 (0132.jp2)
  25. 4.4 ZrNi合金の水素化特性 / p141 (0147.jp2)
  26. 4.5 小括 / p152 (0158.jp2)
  27. 参考文献 / p155 (0161.jp2)
  28. 第5章 固溶体型水素吸蔵合金の開発と特性評価 / p156 (0162.jp2)
  29. 5.1 緒言 / p156 (0162.jp2)
  30. 5.2 TiCr系BCC合金の水素化特性および添加元素の影響 / p157 (0163.jp2)
  31. 5.3 Ti-Cr系BCC合金の繰り返し水素吸収・放出特性 / p170 (0176.jp2)
  32. 5.4 小括 / p183 (0189.jp2)
  33. 参考文献 / p185 (0191.jp2)
  34. 第6章 合金中への水素吸蔵に関する現象論的検討 / p186 (0192.jp2)
  35. 6.1 緒言 / p186 (0192.jp2)
  36. 6.2 水素化物相の水素吸蔵量に関する検討 / p187 (0193.jp2)
  37. 6.3 水素化物の平衡解離圧特性に関する検討 / p194 (0200.jp2)
  38. 6.4 繰り返しに伴う水素化特性の劣化に関する検討 / p199 (0205.jp2)
  39. 6.5 小括 / p207 (0213.jp2)
  40. 参考文献 / p208 (0214.jp2)
  41. 第7章 開発合金の応用システムへの適用 / p210 (0216.jp2)
  42. 7.1 緒言 / p210 (0216.jp2)
  43. 7.2 精製回収装置への適用 / p210 (0216.jp2)
  44. 7.3 ヒートポンプシステムへの適用 / p221 (0227.jp2)
  45. 7.4 MHアクチュエータへの適用 / p232 (0238.jp2)
  46. 7.5 小括 / p242 (0248.jp2)
  47. 参考文献 / p244 (0250.jp2)
  48. 第8章 総括 / p245 (0251.jp2)
  49. 発表論文 / p250 (0256.jp2)
  50. 謝辞 / p252 (0258.jp2)
5アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153117
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087178
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000317431
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ