【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

アンドレーエフ反射とそのメゾスコピック効果に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 中ノ, 勇人 ナカノ, ハヤト

書誌事項

タイトル

アンドレーエフ反射とそのメゾスコピック効果に関する研究

著者名

中ノ, 勇人

著者別名

ナカノ, ハヤト

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第5259号

学位授与年月日

1997-12-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. もくじ / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 2 常伝導におけるメゾスコピック効果 / p6 (0008.jp2)
  4. 2.1 はじめに / p6 (0008.jp2)
  5. 2.2 Landauer公式と久保公式 / p7 (0009.jp2)
  6. 2.3 電気伝導に現れる電子の波動性 / p17 (0014.jp2)
  7. 2.4 位相緩和時間とアンダーソン局在 / p20 (0015.jp2)
  8. 2.5 InAs薄膜における位相緩和時間 / p32 (0021.jp2)
  9. 2.6 まとめ / p39 (0025.jp2)
  10. 3 超伝導の巨視的位相とアンドレーエフ反射 / p40 (0025.jp2)
  11. 3.1 はじめに / p40 (0025.jp2)
  12. 3.2 超伝導と巨視的コヒーレンス / p41 (0026.jp2)
  13. 3.3 巨視的波動関数 / p43 (0027.jp2)
  14. 3.4 微視的位相と巨視的位相 / p47 (0029.jp2)
  15. 3.5 超伝導近接効果とアンドレーエフ反射 / p57 (0034.jp2)
  16. 3.6 まとめ / p59 (0035.jp2)
  17. 4 アンドレーエフ反射の第2量子化表示 / p61 (0036.jp2)
  18. 4.1 はじめに / p61 (0036.jp2)
  19. 4.2 線形結合器としての界面 / p62 (0037.jp2)
  20. 4.3 超伝導状態の、擬スピン表現、と巨視的波動関数の揺らぎ / p67 (0039.jp2)
  21. 4.3.4 準粒子と素励起 / p72 (0042.jp2)
  22. 4.4 第2量子化表示によるアンドレーエフ反射の定式化 / p75 (0043.jp2)
  23. 4.5 考察 / p83 (0047.jp2)
  24. 4.6 まとめ / p88 (0050.jp2)
  25. 5 アンドレーエフ反射を介した位相相互作用を検証する準粒子干渉計 / p90 (0051.jp2)
  26. 5.1 はじめに / p90 (0051.jp2)
  27. 5.2 アンドレーエフ反射を介した準粒子の干渉計 / p92 (0052.jp2)
  28. 5.3 干渉計動作の定量的解析 / p96 (0054.jp2)
  29. 5.4 具体的な計算結果と考察 / p104 (0058.jp2)
  30. 5.5 実験的検証 / p117 (0065.jp2)
  31. 5.6 まとめ / p126 (0069.jp2)
  32. 結論 / p128 (0070.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153119
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087180
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317433
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ