【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

硬・軟化, 固有・誘導異方性を考慮した土の繰返し弾塑性構成式

この論文をさがす

著者

    • 陳, 忠平 チン, チュウヘイ

書誌事項

タイトル

硬・軟化, 固有・誘導異方性を考慮した土の繰返し弾塑性構成式

著者名

陳, 忠平

著者別名

チン, チュウヘイ

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第4195号

学位授与年月日

1997-12-19

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p4 (0006.jp2)
  3. 第2章 弾塑性変形に関する基本概念 / p6 (0008.jp2)
  4. 第3章 弾塑性構成式の発達 / p8 (0010.jp2)
  5. 3.1 古典弾塑性モデル / p8 (0010.jp2)
  6. 3.2 繰返し塑性モデル / p10 (0012.jp2)
  7. 第4章 土の異方性 / p37 (0039.jp2)
  8. 4.1 等方性と異方性 / p37 (0039.jp2)
  9. 4.2 弾塑性モデルにおける異方性の表現 / p38 (0040.jp2)
  10. 第5章 回転硬化をもつ下負荷面モデル / p40 (0042.jp2)
  11. 5.1 正規降伏面 / p40 (0042.jp2)
  12. 5.2 回転硬化の発展則 / p42 (0044.jp2)
  13. 5.3 下負荷面 / p46 (0048.jp2)
  14. 5.4 相似中心の発展則 / p50 (0052.jp2)
  15. 5.5 塑性流動則 / p53 (0055.jp2)
  16. 5.6 材料関数 / p59 (0061.jp2)
  17. 5.7 応力速度とストレッチングの関係 / p84 (0086.jp2)
  18. 5.8 共回転速度について / p93 (0095.jp2)
  19. 5.9 材料定数の決定について / p106 (0108.jp2)
  20. 第6章 実測値との比較 / p108 (0110.jp2)
  21. 6.1 排水試験 / p108 (0110.jp2)
  22. 6.2 非排水試験 / p140 (0142.jp2)
  23. 第7章 本モデルの力学的特徴 / p151 (0153.jp2)
  24. 第8章 他の弾塑性モデルについて / p154 (0156.jp2)
  25. 8.1 動径投影の境界面モデル / p154 (0156.jp2)
  26. 8.2 動径投影および回転硬化を考慮した境界面モデル / p155 (0157.jp2)
  27. 8.3 一般化塑性モデル / p156 (0158.jp2)
  28. 8.4 円錐形降伏面の回転を考慮したモデル / p158 (0160.jp2)
  29. 第9章 摘要 / p159 (0161.jp2)
  30. 謝辞 / p163 (0165.jp2)
  31. Summary / p165 (0167.jp2)
  32. 参考文献 / p169 (0171.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153282
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087340
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317596
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ