【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ダウン症児の言語発達における共通性と個人差

この論文をさがす

著者

    • 綿巻, 徹 ワタマキ, トオル

書誌事項

タイトル

ダウン症児の言語発達における共通性と個人差

著者名

綿巻, 徹

著者別名

ワタマキ, トオル

学位授与大学

九州大学

取得学位

博士 (教育心理学)

学位授与番号

乙第6557号

学位授与年月日

1997-11-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0003.jp2)
  2. はじめに / p3 (0004.jp2)
  3. 第1部 背景 / (0005.jp2)
  4. 第1章 序論 / p2 (0006.jp2)
  5. 第2章 健常児とダウン症児の言語研究の概観 / p19 (0023.jp2)
  6. 第3章 日本語分析のためのアイデアとパソコン処理プログラムの開発 / p26 (0030.jp2)
  7. 第2部 語彙の領域 / (0043.jp2)
  8. 第4章 健常児の語彙発達における共通性と個人差 / p40 (0044.jp2)
  9. 第5章 ダウン症児における語理解と語産出の発達の同期性と非同期性 / p54 (0058.jp2)
  10. 第6章 6歳ダウン症児の会話で頻繁に使われる語の特徴 / p61 (0065.jp2)
  11. 第7章 高機能自閉症児の会話で頻繁に使われる語の特徴 / p67 (0071.jp2)
  12. 第3部 文法の領域 / (0080.jp2)
  13. 第8章 1、2歳台における発話長の伸びと助詞の発達:事例研究 / p77 (0081.jp2)
  14. 第9章 健常3、4歳児が頻繁に使う助詞・助動詞の特徴 / p87 (0091.jp2)
  15. 第10章 ダウン症児の助詞・助動詞の発達順序 / p95 (0099.jp2)
  16. 第11章 高機能自閉症6歳児の助詞の特徴 / p102 (0106.jp2)
  17. 第12章 健常児が初期に獲得する日本語の統語規則 / p109 (0113.jp2)
  18. 第13章 6歳ダウン症児の統語発達水準 / p125 (0129.jp2)
  19. 第14章 知的機能の低い自閉症児の統語規則:事例研究 / p134 (0138.jp2)
  20. 第4部 語用の領域 / (0147.jp2)
  21. 第15章 健常児における一語期および初語期の語用機能の発達 / p144 (0148.jp2)
  22. 第16章 一語期のカギとなる語の意味作用の発達 / p153 (0157.jp2)
  23. 第17章 言語発達の遅れの大きい6歳ダウン症児の語用機能 / p172 (0176.jp2)
  24. 第18章 知的機能が自閉症児の発話の語用機能に及ぼす影響 / p182 (0186.jp2)
  25. 第19章 言語発達の比較的良好な6歳ダウン症児の語用機能 / p192 (0196.jp2)
  26. 第5部 総括 / (0209.jp2)
  27. 第20章 本研究の意義と仮説の検討 / p206 (0210.jp2)
  28. 第21章 総括 / p216 (0220.jp2)
  29. 文献 / p227 (0231.jp2)
  30. 付録1 日本語MLU計算のための発話分割ガイド第2版 / p237 (0241.jp2)
  31. 付録2 ダウン症児早期療育プログラムの概略 / p251 (0255.jp2)
70アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000153303
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000001087361
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000317617
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ